読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

30.埋め込み

目次 議論の流れが悪いので、PDFでは前回と合わせて並び替えをするかも。 埋め込みと分離拡大 有限次ガロア拡大の理論は、分離性と正規性という二つの言葉で表された。分離性とは最小多項式が重根を持たないことであり、正規性はその根を全て含むということ…

29.線型無関連

目次 まだ公開していないPDFにおいて、前回の記事の最後に、有限次ガロア拡大における「縦」の関係について加筆しました。ブログ上では更新するつもりはないので簡単に述べておくと、有限次ガロア拡大の中間体に対し、がガロア拡大となる同値条件()と、そ…

PDFの公開場所を変更しました

Dropboxに変えてみた。新しいのも作ってあるけど取りあえず古いので様子見。 www.dropbox.com

28.分離拡大と有限次ガロア拡大

目次 自分が初めてガロア理論を学んだ時に感じたのは、多項式の分離性および体の分離拡大への導入が幾分か唐突であるという印象だった。数学的にあまり意味のない行為ではあるが、こういったギャップに自分なりの解釈を立てたいというのが私の趣味である。今…

27.最小分解体と正規拡大

目次 修正 トレースの表記: ノルムの表記: 体の生成の表記: 最小分解体の定義:13節より今節へ移動。こちらの方が普遍的。 体の同型に関する延長の一般論 補題 を体の同型、を多項式とする。をの分解体、をの分解体とする。更にをそれぞれの根とする。こ…

26.体の有限次拡大と線型写像

目次 線型写像の行列表示 体上のベクトル空間に対し、-加群としての準同型を特に線型写像(linear mapping)と呼ぶ。即ちはに対しを満たす。今の次元をそれぞれとして基底を取る。ベクトル空間の元は基底を固定することでの元による一意的な表示を持つが、そ…

ざっくり学ぶ可換環論のPDFを更新しました

zakkuring.0.2.0.pdfをDocs.comに挙げました。今まで書いた分は全部載せて、可換図式とかちゃんと書いたり色々加筆修正しています。3章書き終わったら0.3.0かなぁ。 あとダウンロードの際、特にアカウントは必要ないように変えました。よくよく考えたら意味…

ざっくり学ぶ可換環論のpdfを作った

に四苦八苦しながら作りましたよ。ブログの内容をそのまま流し込んだだけですが、一先ず9節まで。で分かったのは索引作るのが凄く難しいということ。項目の選び方ってどう考えるのが妥当なのだろうか。 zakkuring0.1.2—user202281Docs.com 権利関係は一応ク…

24.ガロア拡大のガロア対応

目次 古典的なガロア理論は大学数学における一つの山場であるが、普通はボトムアップに論理を積み上げていくので途中で何をやっているのか良く分からなくなる。可能なら枠組みを先に示すことで見通し良く理解したい。古くから知られている考え方にガロア接続…

23.体の有限次拡大

目次 ここから数回に渡る目標として体の有限次拡大におけるガロア理論の構築を掲げたい。体の拡大における中間体と、基礎体を固定する自己同型群における部分群、これらの間にある美しい対応は19世紀数学の一つの到達点と言えよう。あるいは、ある数学的な対…

22.一意分解整域

目次 整域における様々な環のクラスについて学ぶ。 素元と既約元 ゼロでない非単位元がと表せるとき組を因子分解(factorization)といい、をその長さという。二つの因子分解は長さが等しく、また並び替えてそれぞれが同伴となるとき等しいとする。この約束…

21.GCD整域とガウスの補題

目次 環の積構造に注目するとき、与えられた元を割る約元という視点を考えるのは自然だろう。特に複数の元を同時に割る公約元のうち、「最も大きな」ものを考えることでGCD整域というクラスが現れる。GCD性は多項式環に対し良く振舞い、古典的な結果であるガ…

20.群の作用と有限群

目次 群もまた環と同様に、重要な代数構造の一つである。その少ない公理からは想像もつかないほど豊富で多様な理論が展開され、多くの数学的問題は群の問題に帰着される。特に有限群に対しては良く調べられており、偉大な数学者達による膨大かつ精密な結果が…

19.ケーラー導分の第二完全系列

目次 今回はケーラー導分のまとめとして、剰余環の導分を計算する際に有用な第二完全系列を紹介する。 テンソル函手の右完全性 ホム函手の左完全性は逆についても成り立つ。 命題 -加群の系列に対し、次が成り立つ。 任意の-加群に対し が完全 ならは完全系…

18.代数のテンソル積とケーラー導分

目次 加群同士のテンソルは加群となるが、代数同士をテンソルすると環構造が入り再び代数となる。新たな代数は加群に対し良く振舞い、複数ある構造の捉え方あるいは見方に矛盾しない。特にケーラー導分に対しても自然な結果をもたらし、ケーラー導分が言わば…

17.ホム函手とテンソル

目次 今回はhomoだけどホモじゃないHom函手及び加群のテンソルを導入し、その間の関係を見ていく。テンソルの構成は初学者的にはややこしいが、既にケーラー導分の構成を述べているのでその焼き直しだと思えば分かり易いと思う。また加群の係数拡大について…

16.加群の局所化と導分

目次 加群の局所化は環に対する局所化と同様に定義される。加群の研究には系列を調べることが有効であったが、局所化は完全列を完全列へと写すという優れた性質を持つ。導分とは純代数的に定義される微分(のようなもの)である。導分に対する普遍性を満たす…

15.体上の有限型代数

目次 ここ数回に渡る準備の総まとめとして、体上の有限型代数に関する諸定理を述べる。ザリスキーの補題は、体上の有限型代数が体であるなら代数拡大となることを主張する。これは環の場合に、代数としての生成元が整であることの必要十分が整拡大であったこ…

14.様々な環と整

目次 環に対する様々な操作において、整という性質がどのように振舞うのかを考察する。 剰余環、局所化に対する整 を環の拡大、をイデアル、を乗法的集合とする。このとき剰余環に対する準同型及び環の局所化に対する準同型は単射であり、それぞれは環の拡大…

13.体の代数拡大

目次 体とは、ゼロでない全ての元が、掛けてイチとなる元を持つ環のことであった。これはイデアルが自明なものしかないことを意味し、剰余環におけるイデアル対応定理を介して極大性と呼応する。また体を係数とする多項式環においては、全てのイデアルが単一…

12.代数及び環の拡大における整

目次 代数が与えられているとする。の元による代数的な関係式で記述されるの元を考えたい。について「よく分かっている」なら、このような元はの元の中でも、ある程度扱いやすいだろう。従って環の構造を調べる際にも重要な役割を果たすはずだ。今回紹介する…

11.環の局所化

目次 環の部分集合をゼロと思うには、によって生成されたイデアルによる剰余環を考えれば良かった。環には1という、もう一つ大事な要素がある。今回学ぶ環の局所化を導入することで、新たにを1と思うことができるようになる。 環の局所化 環論における多くの…

10.行列環とケーリー・ハミルトンの定理

目次 今回は行列について学ぶが、多くは事実の紹介のみにとどめる。詳しく知りたい人は大学の線型代数の講義を聞きに行くか、腐るほど存在する教科書の中から好みのものを選んで読み込むと良い。あまり是非を書きたくないが数学科向けなら齋藤正彦、佐武一郎…

9.斉次イデアルとクルルの交叉定理

目次 前回は代数の立場からヒルベルトの基底定理を見直し、次数付き環における拡張版を証明した。もう少しだけ次数付き環の性質を調べ、クルルの交叉定理と呼ばれる素朴だが美しい定理を基底定理から証明しよう。 次数付き環の斉次イデアル 次数付き環のイデ…

8.代数と次数付き環

目次 前回はネーター環の多項式環がネーター環であること、およびその逆を示した。今回は環と加群のハイブリッド? である「代数」という見方を導入し、有限型代数の視点からヒルベルトの結果を見直したい。このとき同値性までは言えないが、次数付き環の文…

7.ヒルベルトの基底定理

目次 前回は自由加群を導入し、-加群が有限生成であることを完全系列で特徴付けた。ここからがネーター環であることと任意の有限生成-加群がネーター加群であることは同値となることが分かる。この定理は今回の証明において鍵となる結果である。また普遍性や…

6.自由加群

目次 前回は多項式環について学んだ。環の多項式環は積を定数倍と見なすことで-加群となる。各次数にの元を対応させるという見方を拡張すれば、自由加群という発想に到達する。 加群の直和 -加群に対し、の元との元の形式的な和全体を直和(direct sum)とい…

5.多項式環

目次 前回は部分加群に対する二つの演算を導入し、それを用いて生成という概念を紹介した。生成元として有限集合が取れるとき有限生成加群と呼ぶが、一般に有限生成加群の部分加群は有限生成とは限らない。Emmy Noetherに由来するネーター加群とは、任意の部…

4.ネーター加群

目次 前回は素イデアルと整域の関係について学んだ。剰余環に対するイデアル対応定理は、イデアル同士の対応をも与えていた。今回は加群の立場から、生成という操作を考えてみよう。そして極めて重要な概念であるネーター性について議論する。 部分加群の生成…

3.素イデアルと整域

目次 前回は環の表現として加群を導入した。環におけるイデアルと同様に、加群における部分加群に対しても剰余加群が定義できた。加群同士は準同型によって比較でき、準同型が全単射であるとき同一視できる。一般に準同型定理が成り立ち、それは加群の系列を…

2.加群

目次 前回は環を導入してイデアルを定義した。環をイデアルで割った余りを考えることが出来て、それを剰余環と言った。剰余環におけるイデアルと、元の環におけるイデアルとの間には、イデアル対応定理と呼ばれる対応が存在した。この対応により環の内部構造…

1.環とイデアル

目次 環とイデアル 環(ring)とは、足し算(とその逆演算の引き算)と掛け算が定められた世界を指す。親しみやすい代表例としては整数全体の集まりがある。より厳密には単位的可換環と呼び、以下の条件を満たす組のことである。 組は足し算の構造を定める。…

ざっくり学ぶ可換環論

また動画でも作ろうかと思い立ち、流石に無計画過ぎた前回を反省して事前に準備をしていこうかなと思います。意外に再生されてるので需要はゼロではないはず。題材は可換環論にしようと考えていますが、ゴールの設定はどこにしようか……。個人的な試みとして…