読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

テスト

一般

Markdown使用例

インラインコードはこんな感じ。 先頭に半角空白4つで

code1
code2
code3

番号付きリストは

  1. ごはん
  2. みそしる
  3. つけもの

リスト記法が続くと連番になってしまうので、間に文章を挟む。

  • リスト1
    • リスト2
  • リスト3

脚注*1

MathJax使用例

数式をセンタリングして表示

{ \displaystyle \sum_{n=1}^{\infty}\frac{1}{n^{2}}=\frac{\pi}{6} }

添え字は\_{}^{}を使えば動く。アンダーバーが正常に動かないのは多分Markdownのせい。 { x_{1}, \dotsc, x_{n}, y^{1}, \dotsc, y^{n} }

鍵括弧系は\lbrack\rbrackを用いれば上手く表示できる。{ \mathbb{Z}\lbrack X\rbrack }こんな感じ。

{ \displaystyle \int_{0}^{1}x^{3}\mathrm{d}x = \left. \frac{x^{4}}{4} \right|_{x=0}^{x=1} = \frac{1}{4} }

文章中に書いた熱方程式{ \frac{\partial u}{\partial t} = \frac{\partial^{2} u}{\partial x^{2}} }\displaystyleで書くと{\displaystyle \frac{\partial u}{\partial t} = \frac{\partial^{2} u}{\partial x^{2}} }こんな感じ

ギリシャ文字は斜体\varも効く { \alpha, \beta, \gamma, \Gamma, \delta, \Delta, \epsilon, \varepsilon, \phi, \varphi, \Psi, \xi, \eta, \theta, \Theta }

ゼータ関数オイラー表示は

{ \displaystyle \zeta (s) = \prod_{p:\text{prime}}\frac{1}{1-p^{-s}} }

*1:ここに脚注を書きます