読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

MATH POWER 2016を観て

MATH POWER 2016、予想以上に面白いイベントでした。ガチな内容からお笑いまであって、視聴者のレベルに合わせて楽しめる感じ。講演者がいつものメンバーとか言ったけどあれは大嘘だった。全部の企画は見てないけど一番良かったのは加藤文元(ふみはる)先生の講演かな。p進は個人的に何となく避けてたけど本格的に学びたくなってきた。

32時間通しての企画である円周率計算については、そろばんが割り算より計算回数の少ない方を好むと聞いて、当然と感じながらもコンピュータとは違うんだなと思った。最後に18桁まで求めていたのは結構凄いと思う。対談は数学的にはいまいちだったけど別の意味で面白かった。トークはトークになってなくて微妙、あまり面白さを感じることができなかった。お笑いはリアルタイムで見てたけど下手な芸人より面白くて大笑いさせてもらった。まぁ沸点が微妙にずれてる可能性はあるが。司会の人はお笑いにも出てたけど声が聞きやすくて良かった。普段は教師だそうで学生がうらやましい。素数大富豪はしょっぱなからガチで笑える。5ケタの素数とかよく覚えてるなぁ。数学のニュースはガチな情報を期待してたけど単なるネタだったのは残念。texコメントはそこそこ動いてたけど改善の余地はありそう。あと白塗りは見ずらいので黒く縁取りした方が良かった。

視聴者は平日なのに累計16万人を超えて、想定以上の盛況だったみたい。全体的に数学という共通するものがあるからか、企画側と参加者側の「距離」が凄く近くてフレンドリーに感じた。これが土日にやるとちょっと違う雰囲気になるかもしれない。また来年もやることを期待して楽しみにしています。