読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

34.射影的加群(初等編)

目次

自由加群と射影的加群

函手{ \mathrm{Hom}_{R}(P, -) }を完全にする加群{ P }を射影的加群と呼んだ。ホム函手は常に左完全であるから、これは完全列{ Y\xrightarrow{p}Z\rightarrow 0 }が完全列{ \mathrm{Hom}_{R}(P, Y)\xrightarrow{p^{\ast}}\mathrm{Hom}_{R}(P, Z)\rightarrow 0 }を誘導することを意味する。つまり{ p:Y\rightarrow Z }全射のとき、任意の{ f:P\rightarrow Z }に対して{ p\circ g=f }となる{ g:P\rightarrow Y }が存在する。このような{ g }を一般に{ f }{ p }による持ち上げ(lifting)と呼ぶ。故に射影的加群{ P }とは、全射{ p:Y\rightarrow Z }に対し{ f:P\rightarrow Z }の持ち上げが常に存在するような加群のことを指す。

果たして上記のような加群(加えて興味深い性質を持つ例)は存在するのだろうかという疑問に対して、現時点において、ある程度の回答を与えることができる。

まずは{ R }-加群で最も基本的と述べた自由加群から始めよう。自由加群{ F }とは適当な添え字集合{ \Lambda }に対し、{ R^{\Lambda} }と同型となる加群のことであった。各{ \lambda\in\Lambda }に対し、{ \lambda }-成分においてイチ、それ以外の成分においてゼロを取るような元が{ R^{\Lambda} }に存在するが、これに対応する元{ e_{\lambda}\in F }達を自由基底(free basis)と呼ぶ。この意味するところは、ベクトル空間における基底のように、{ F }の元は{ \sum r_{\lambda}e_{\lambda} }と一意的に表せることを主張する。

ここで全射{ p:Y\rightarrow Z }及び{ f:F\rightarrow Z }に対し、{ f(e_{\lambda})=p(a_{\lambda}) }となるような{ a_{\lambda}\in Y }が常に存在する。そこで写像{ g:F\rightarrow Y }を、{ e_{\lambda}\mapsto a_{\lambda} }により定められる写像とする。あるいは同じことだが{ g_{\lambda}:R\rightarrow Y }{ r\mapsto ra_{\lambda} }で定めて、普遍性より{ g:F\rightarrow Y }を得る。このとき{ p\circ g=f }となるので{ F }は射影的である。

さて、上の議論に何か問題は無いだろうか。実は自分もよく見過ごすのだが、日本語に隠された大きなギャップが存在する。それを明らかにするには数学における「証明」についてきちんと考え直さなければならない。詳しくは基礎論に譲るとして、上の議論で問題となるところを端的に述べれば「証明は記号の有限列」である。上の議論では任意の{ \lambda }に対して{ a_{\lambda} }が存在することを主張する所まではよい。だが存在することしか分からないものを個別に指定して廻るのは、高々有限の範囲に収まらなければならない。人間は無限個の空でない箱の中から中身を一斉に取り出すことはできない。精々一つづつ取り出せるだけで、一斉に行うには何か巨大な機械が必要である。今の場合、始めから{ a_{\lambda} }が与えられている場合は問題ないが、そうでない場合は超越的な操作が必要になる。この操作こそが選択公理(Axiom of choice, AC)と呼ばれるものであるが、今はまだ敢えてこの公理を仮定せず、できる議論を続けたい。

命題 有限自由加群は射影的加群である。

(証明){ \Lambda=\lbrace 1, \dotsc, n \rbrace }なので、上記の操作は有限の範囲に収まる。{ \square }

短完全列の分裂

射影的加群

定義 { R }-加群{ M }及びその部分加群{ L, N }が以下を満たすとする。

  • { L+N=M }が成り立つ。
  • { L\cap N=\lbrace 0 \rbrace }が成り立つ。

このとき{ M }{ L }{ N }の内部直和(inner direct sum)であるといい、{ M=L\uplus N }と表す。{ L, N }のことを{ M }の直和成分(direct summand)と呼ぶ。

命題 { L\uplus N\cong L\oplus N }である。

(証明)普遍性より{ L\oplus N\rightarrow L\uplus N }が取れる。これが全単射であることは条件より従う。{ \square }

つまり{ M }の元は{ L }{ N }の元の和で一意的に表せる。

補題 短完全列{ 0\rightarrow X\xrightarrow{f}Y\xrightarrow{g}Z\rightarrow 0 }に対し、以下は同値である。

  • { \beta:Z\rightarrow Y }が存在して{ g\circ \beta=\mathrm{id}_{Z} }が成り立つ。
  • { \alpha:Y\rightarrow X }が存在して{ \alpha\circ f=\mathrm{id}_{X} }が成り立つ。

(証明)上から下を示す。{ y\in Y }に対し、{ g(y-\beta( g( y ) ) )=0 }であるから{ y\in\mathrm{Im}\beta+\mathrm{Ker}g }となる。また{ y\in\mathrm{Im}\beta\cap\mathrm{Ker}g }とすれば、{ z\in Z }が存在して{ \beta( z )=y }となるから、{ z=g\beta z=g( y )=0 }つまり{ y=\beta( 0 )=0 }となる。故に{ Y=\mathrm{Im}\beta\uplus\mathrm{Ker}g }が従う。つまり{ y=y_{1}+y_{2}, y_{1}\in\mathrm{Im}\beta, y_{2}\in\mathrm{Ker}g }と一意的に表せる。このとき{ \mathrm{Ker}g=\mathrm{Im}f }であり、{ f }単射なので{ f(x)=y_{2} }となる{ x }が唯一つ存在する。この{ x }を取り{ y\mapsto x }と定めればよい。

下から上も同様に{ Y=\mathrm{Im}f+\mathrm{Ker}\alpha }が示せるのでそれを利用すればよい。{ \square }

注意 上の写像の作り方に選択公理は必要ない。実際{ x }{ y }に対して一意的に決まっており、それを指定することで写像を具体的に構成できる。

定義 短完全列が上の条件を満たすとき、分裂している(split)と呼ぶ。

命題 { P }を射影的加群とする。このとき短完全列{ 0\rightarrow A\xrightarrow{f}B\xrightarrow{g}P\rightarrow 0 }は分裂する。

(証明){ \mathrm{id}:P\rightarrow P }に対して射影的加群の性質を用いればよい。{ \square }

では逆は成り立つだろうか。全射{ p:Y\rightarrow Z }及び{ f:P\rightarrow Z }を考える。一般に加群は適当な自由加群全射像となっている。従ってある自由加群{ F }及び全射{ F\xrightarrow{g}P }が存在する。短完全列{ 0\rightarrow\mathrm{Ker}g\rightarrow F\xrightarrow{g}P\rightarrow 0 }は分裂するから、{ h:P\rightarrow F }が存在して{ g\circ h=\mathrm{id}_{P} }を満たす。{ F\cong R^{\Lambda} }とすれば{ f\circ g(e_{\lambda})=p(y_{\lambda}) }となる{ y_{\lambda}\in Y }が存在する。ここに再び選択公理を仮定すれば{ g^{\prime}:F\rightarrow Y }{ e_{\lambda}\mapsto y_{\lambda} }より定めることが出来る。このとき{ p\circ g^{\prime}\circ h=f }となり{ P }は射影的であることが分かる。

命題 { P }は有限生成とする。任意の短完全列{ 0\rightarrow A\xrightarrow{f}B\xrightarrow{g}P\rightarrow 0 }が分裂するとき、{ P }は射影的である。

(証明)有限生成なら{ F\cong R^{n} }とできるので{ g^{\prime} }を具体的に構成できる。{ \square }

命題 射影的加群は、ある自由加群の直和成分である。

(証明){ P }を射影的加群とする。ある自由加群{ F }及び全射{ g:F\rightarrow P }が存在する。このとき{ 0\rightarrow\mathrm{Ker}g\rightarrow F\xrightarrow{g} P\rightarrow 0 }は分裂するので{ F\cong\mathrm{Ker}g\uplus P }と表せる。これは{ P }が直和成分であることを示す。{ \square }

命題 有限自由加群の直和成分は射影的加群である。

(証明){ R^{n}\rightarrow P }を射影({ P }成分に制限する写像)とすれば、{ 0\rightarrow\mathrm{Ker}\rightarrow R^{n}\rightarrow P\rightarrow 0 }は分裂し{ P\rightarrow R^{n} }が取れる。ここで全射{ Y\rightarrow Z }及び{ P\rightarrow Z }に対して、{ R^{n}\rightarrow B }を図式を可換にするように取れる。{ \square }

有限生成な射影的加群の直和成分も射影的加群である。

(証明)射影加群は自由加群の直和成分であるが、特に有限生成なら有限自由加群の直和成分として書ける。その直和成分もまた有限自由加群の直和成分だから、射影的加群である。{ \square }

上に見るように有限生成な射影的加群は、有限自由加群の直和成分という形で特徴付けられることが分かる。従って射影的加群の例を作るのは簡単である。この特徴付けは選択公理により強い主張に置き換えることができることを予告しておく。

補題 有限自由加群同士のテンソル積は有限自由加群である。

(証明){ \left( \bigoplus_{i=1}^{n}R \right)\otimes\left( \bigoplus_{j=1}^{m}R \right)\cong\bigoplus_{i, j}(R\otimes R)=\bigoplus_{i, j}R }より明らか。{ \square }

命題 { P, Q }が有限生成な射影的加群とする。以下が成り立つ。

  • { P\oplus Q }は(有限生成な)射影的加群である。
  • { P\otimes Q }は(有限生成な)射影的加群である。

(証明){ P, Q }は有限自由加群の直和成分だから、{ R^{n}=P\oplus M, R^{m}=Q\oplus N }と表せる。このとき{ P\oplus Q \oplus (M\oplus N)=R^{n+m} }より、{ P\oplus Q }は射影的である。

また{ R^{n}\otimes R^{m}=(P\oplus M)\otimes (Q\oplus N)=(P\otimes Q)\oplus(M\otimes Q\oplus P\otimes N\oplus M\otimes N) }より、{ P\otimes Q }も射影的である。{ \square }

所感

やっぱ選択公理は偉大だわ。単射加群殆ど何も言えなそうなんだけど……。