arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

収束空間の記事を読みました

ただの感想記事です。

loveブルバキさんの「記号の世界ゟ」というブログにある収束空間に関する一連の記事を読みました。(ゟを「より」と読むなんて初めて知ったよ。)

tetobourbaki.hatenablog.com

tetobourbaki.hatenablog.com

tetobourbaki.hatenablog.com

位相空間を基礎としてフィルターを用いた特徴付けを行いつつ、前位相空間(プレトポ)やショケー空間(擬トポ)、収束空間といった弱い位相的概念が定義される根拠が良く解説されていました。中でもチコノフの定理の証明は非常にシンプルで、かつ選択公理が必要な理由が火を見るより明らかなので、非常に感動できました。内田伏一だとZorn補題を用いながら示していたはずです。コンパクト性と極大フィルターが極限点を持つことの同値性は、閉集合系の有限交叉性を経由するのが一番分かり易いかもしれません。プレトポは位相空間から近傍間の関係を落としたもので、各点上にフィルターがある空間です。つまりフィルターは一点における近傍系を表したものです。そのため収束概念と相性が良く、特にプレトポでは超フィルターでの収束が支配的になります。そこで超フィルターの中でも特別な主極大フィルターと呼ばれるものについて、それらが収束する空間を擬トポと言います。そこから性質を抜き出したものが収束空間です。収束空間は定義上はとても素朴な空間ですが、それでもそこから仰ぎ見ると、上の様相が良く分かるという話でした。正則性にしても記述がすっきりとしているので、全体を通してフィルターによる議論の強みを感じました。もっとも位相空間での開集合を用いた議論は直観的な分かり易さという点では優れているかもしれません。位相空間論は位相の定義など、諸概念の根拠などは見えにくいですが、絶妙な条件で絶妙な議論が展開される絶妙な良さを持っているので、歴史の研磨を経て磨かれた理論は偉大だなあと改めて思います。

最初の方は丁寧に行間を埋めつつ読んでいましたが、だんだん面倒臭くなり終盤は簡単なチェックで済ませるようになったのはご愛敬。{ \langle f( \mathcal{F} ) \rangle }{ f( \mathcal{F} ) }で書いてあったりしましたが、それを除けば大きなギャップは無かったように感じました。ショケー空間で{ \mathcal{F}, \mathcal{G}\rightarrow x }なら{ \mathcal{F}\cap\mathcal{G}\rightarrow x }が成り立つことの証明に誤りがあるくらいです。({ \mathcal{F} }より細かいか{ \mathcal{G} }より細かい。)

位相空間の諸概念を収束空間で再定義してみるのは面白い演習になるような気がします。例えば位相空間だと地味に上手く行ってないように感じるコンパクト開位相とかも収束空間で考えたら意義が見えてくるかもしれません。

ところで収束構造で位相を定義しょうという話は自分も少し前に書いています。有効ネットを用いた議論であるために記述が複雑で検証が難しいのが問題でしたが、フィルターを使えば議論が明確でしかも一般化しやすい利点がありますね。素朴な反例も出しやすい気がします。

arxiv.hatenablog.com

arxiv.hatenablog.com

ジェネトポは良い。地に足がついている感じがして好き。

所感

人様の記事で記事を書くというどっかのまとめサイトみたいですが、このブログは自分の勉強ブログなのでまあいいかなと。べ、別にネタが無い訳じゃないんだからね。

GAの線型理論その3

復習(修正と加筆)

{ ( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }のシルベスター条件とは{ A_{t}=a_{1}\wedge\dotsb\wedge a_{t} }について

{ \mathrm{g}( A_{t} )\neq 0\quad( t\le k-1 ), \quad A_{k}\neq 0 }

を満たすこと。

最後の{ A_{k} }についてはグラミアンがゼロであってもよい。{ k=1 }は常に直交かつ一次独立と見なしたいからである。

このとき以下が成り立つ。

補題 ベクトルの組{ ( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }はシルベスター条件を満たすとする。このとき{ \mathrm{Span}( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }の(特に一次独立な)直交基底{ \lbrace b_{1}, \dotsc, b_{k} \rbrace }が存在し、{ ( b_{1}, \dotsc, b_{k} ) }はシルベスター条件を満たす。特に{ A_{t}=a_{1}\wedge\dotsb\wedge a_{t}, B_{t}=b_{1}\wedge\dotsb\wedge b_{t} }{ A_{t}=B_{t} }を満たす。

ではどのような場合にシルベスター条件を外せるだろうか。つまりブレードを変えずにシルベスター条件を満たすようなベクトルの組{ ( b_{1}, \dotsc, b_{k} ) }が取れる条件が知りたい。実は{ \frac{1}{2}\in R }であれば、{ A\neq 0 }(特に非退化のときは一次独立性と同値)のみで十分である。

シルベスター条件の外し方

以下、体{ R }{ \frac{1}{2} }を含むとする。またブレード{ A=a_{1}\wedge\dotsb\wedge a_{k}\neq 0 }はゼロでないとする。(特に{ \lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }は一次独立であり、非退化の場合は逆も成立する。)

{ A_{t}=a_{1}\wedge\dotsb\wedge a_{t} }として、

{ \mathrm{g}( A_{1} )\neq 0, \dotsc, \mathrm{g}( A_{t-1} )\neq 0, \mathrm{g}( A_{t} )=0 }

となる{ t }を固定する。もし{ t=k }なら、{ ( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }はシルベスター条件を満たす。そこで{ t\lt k }として良い。{ ( a_{1}, \dotsc, a_{t} ) }はシルベスター条件を満たすから、補題により{ \mathrm{Span}( a_{1}, \dotsc, a_{t} ) }の直交基底{ \lbrace b_{1}, \dotsc, b_{t} \rbrace }が存在する。特に

{ a_{1}\wedge\dotsb\wedge a_{r}=b_{1}\wedge\dotsb\wedge b_{t}\wedge a_{t+1}\wedge\dotsb\wedge a_{r} }

である。

さて、{ s\gt t }について{ c_{t}:=b_{t}+\lambda a_{s} }とする。このとき

{ \mathrm{g}( b_{1}\wedge\dotsb\wedge b_{t-1}\wedge c_{t} )=\left| \begin{matrix} \mathrm{g}( b_{1} ) & & & \lambda b_{1}\ast a_{s} \\ & \ddots & & \vdots \\ & & \mathrm{g}( b_{t-1} ) & \lambda b_{t-1}\ast a_{s} \\ \lambda a_{s}\ast b_{1} & \cdots & \lambda a_{s}\ast b_{t-1} & ( b_{t}+\lambda a_{s} )\ast( b_{t}+\lambda a_{s} ) \end{matrix} \right| }

となる。ブロック行列の行列式を思い出せば、

{ \displaystyle \mathrm{g}( B_{t-1} )\left( \lambda^{2}\left( a_{s}\ast a_{s}-\sum_{j=1}^{t-1}\mathrm{g}( b_{j} )^{-1}( b_{j}\ast a_{s} )^{2} \right)+2\lambda a_{s}\ast b_{t}+b_{t}\ast b_{t} \right) }

と計算できる。これがゼロとならないような{ \lambda\neq 0 }が取れればよい。{ \mathrm{g}( B_{t-1} )\neq 0 }かつ{ b_{t}\ast b_{t}=0 }だから、結局

{ \displaystyle \lambda\left( a_{s}\ast a_{s}-\sum_{j=1}^{t-1}\mathrm{g}( b_{j} )^{-1}( b_{j}\ast a_{s} )^{2} \right)+2a_{s}\ast b_{t}\neq 0 }

が成り立てばよい。

全ての{ s\gt t }{ 2a_{s}\ast b_{t}=0 }が成り立つとする。{ \frac{1}{2}\in R }より{ a_{s}\ast b_{t}=0 }である。このとき

{ \displaystyle c_{s}:=a_{s}-\sum_{j=1}^{t-1}\mathrm{g}( b_{j} )^{-1}( b_{j}\ast a_{s} )b_{j} }

{ b_{1}, \dotsc, b_{t} }と直交するので、議論から除外してもよい。よって{ t=k }の議論に帰着される。

従って{ 2a_{s}\ast b_{t}\neq 0 }のときを考えればよい。このとき

{ \displaystyle \alpha:=a_{s}\ast a_{s}-\sum_{j=1}^{t-1}\mathrm{g}( b_{j} )^{-1}( b_{j}\ast a_{s} )^{2}=0 }

なら、{ \lambda=1 }とすればよい。{ \alpha\neq 0 }の場合も、{ \frac{1}{2}\in R }から、特に体{ R }は2元体ではないため、

{ \lambda\neq -\alpha^{-1}( a_{s}\ast b_{t} ) }

となるような{ \lambda\neq 0 }が取れる。

以上より次が成り立つ。

補題 ブレード{ A=a_{1}\wedge\dotsb\wedge a_{k}\neq 0 }はゼロでないとする。このとき{ \mathrm{Span}( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }の(特に一次独立な)直交基底{ \lbrace b_{1}, \dotsc, b_{k} \rbrace }が存在し、{ A=b_{1}\wedge b_{k} }を満たす。特に{ ( b_{1}, \dotsc, b_{k} ) }はシルベスター条件を満たす。

定理 { R }{ \frac{1}{2} }を含むとする。このときゼロでない{ k }-ブレード{ A=a_{1}\wedge\dotsb\wedge a_{k}\neq 0 }は、ある{ k }個の直交ベクトルの積で表せる。

(証明) 補題の直交基底{ \lbrace b_{1}, \dotsc, b_{k} \rbrace }を取り、{ a_{i}=\sum_{j}\alpha_{i, j}b_{j} }と表しておく。このとき

{ \displaystyle \begin{align*} a_{1}\wedge\dotsb\wedge a_{k} &=\left( \sum\alpha_{1, j}b_{j} \right)\wedge\dotsb\wedge\left( \sum\alpha_{k, j}b_{j} \right) \\ &=\sum\alpha_{1, \sigma( 1 )}\dotsm\alpha_{k, \sigma( k )}b_{\sigma( 1 )}\wedge\dotsb\wedge b_{\sigma( k )} \\ &=\sum \mathrm{sgn}( \sigma )\alpha_{1, \sigma( 1 )}\dotsm\alpha_{k, \sigma( k )}b_{1}\wedge b_{k} \\ &=( \mathrm{det}\alpha )b_{1}\dotsm b_{k} \end{align*} }

より、直交ベクトルの積で表せている。{ \square }

{ R }{ \frac{1}{2} }を含むとする。このときブレードの2乗はスカラーである。

(証明){ A=0 }なら{ A^{2}=0 }である。{ A\neq 0 }なら定理より{ A\propto b_{1}\dotsm b_{k} }と表せるから、

{ A^{2}\propto q( b_{1} )\dotsm q( b_{k} )\in\mathscr{G}^{1} }

スカラーである。{ \square }

所感

最初は非退化条件が重要なのかなと思って色々考えていたのですが上手く行かず、時間がかかりました。でも最終的にシンプルな形で証明できたので良かったです。ちゃんと計算すれば良かったというだけ。標数2のときは個別に見る必要がありそう。ただし系は示せるような気がする。

GAの線型理論その2

ブレード

以下、{ X }は全順序として、{ R }は体とする。

定義 { a_{1}, \dotsc, a_{k}\in\mathcal{G}^{1} }をベクトルとする。

{ a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }

{ k }-ブレード(blade)と呼ぶ。{ 1 }{ 0 }-ブレードとする。

{ k }-ブレードは{ k }-ベクトル({ a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k}\in\mathcal{G}^{k} })となるが、まずはブレードの代数的性質から見ていこう。

補題 { A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k}\neq 0 }をゼロでないブレードとする。このとき

{ \lbrace a_{1}\wedge\dotsm\langle t \rangle\dotsm\wedge a_{k} : t=1, \dotsc, k \rbrace }

は一次独立である。特に

{ \mathcal{B}_{A}:=\lbrace a_{i_{1}}\wedge\dotsm\wedge a_{i_{t}} : i_{1}\lt\dotsm\lt i_{t}, t=0, \dotsc, k \rbrace }

は一次独立である。

(証明)

{ \displaystyle \sum_{t=1}^{k}\lambda_{t}a_{1}\wedge\dotsm\langle t \rangle\dotsm\wedge a_{k}=0 }

とする。各{ t }について{ a_{t} }wedge積を取れば交代性より{ \lambda_{t}A=0 }となる。今{ R }は体だから { \lambda_{t}=0 }でなければならない。

同様の議論を繰り返し適応すれば

{ \lbrace a_{i_{1}}\wedge\dotsm\wedge a_{i_{t}} : i_{1}\lt\dotsm\lt i_{t} \rbrace }

が一次独立であることも分かる。 特に{ a_{i_{1}}\wedge\dotsm\wedge a_{i_{t}}\in\mathcal{G}^{t} }であることから{ \mathcal{B}_{A} }も一次独立となる。{ \square }

これらの一次独立性から、ブレードの幾何学的解釈が得られる。

定義 ブレード{ A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }について、

{ \overline{A}:=\lbrace a\in\mathcal{G}^{1} : a\wedge A=0 \rbrace }

と定める。

{ \overline{A} }線型空間であり、

{ \mathrm{Span}\lbrace a_{1}, \dotsm, a_{k} \rbrace\subset\overline{A} }

を満たす。実際{ a }{ a_{1}, \dotsc, a_{k} }の一次結合で表せるなら、wedge積の交代性より{ a\wedge a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k}=0 }となる。特に{ \mathcal{G} }が非退化の場合には両者は一致する。

命題 { \mathcal{G} }は非退化とする。{ a\in\mathcal{G}^{1} }をベクトル、{ A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k}\neq 0 }はゼロでない{ k }-ブレードとする。以下は同値である。

  • { a\wedge A=0 }である。
  • { a\in\mathrm{Span}\lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }である。

(証明){ A\neq 0 }及び{ R }が体であることから{ \lbrace A \rbrace }は一次独立である。従って前回の定理より{ \lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }も一次独立である。{ a\wedge A=0 }とすると{ \lbrace a\wedge A \rbrace }は一次従属であるため、{ \lbrace a, a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }は一次従属である。従って{ a\in\mathrm{Span}\lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }を得る。{ \square }

非退化の条件下で、ベクトル{ a_{1}, \dotsc, a_{k}\in\mathcal{G}^{1} }が一次独立のとき、ブレード{ A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }はゼロでない。逆にゼロでないブレードは各成分のベクトルの独立性を意味し、この意味でブレードは、その成分ベクトルの貼る線形空間を自然に含意するものである。基本等式

{ aA=a\sqsubset A+a\wedge A }

を思い出せば、{ a\in\overline{A} }のとき{ aA=a\sqsubset A }となる。

直交性

さて、ブレードに対するベクトルの直交性を次のように定めてみよう。

定義 { A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }{ k }-ブレード、{ a\in\mathcal{G}^{1} }をベクトルとする。

{ aA=a\wedge A ( \Leftrightarrow a\sqsubset A=0 ) }

が成り立つとき、{ a }はブレード{ A }に直交(orthogonal)するという。

特にベクトル同士の直交は、ベクトル{ f, g\in\mathcal{G}^{1} }に対して

{ f\ast g=f\sqsubset g=f\sqsupset g=f\cdot g=0 }

となることである。

直交性は{ a_{1}, \dotsc, a_{k} }の順序に依らず決まる。実際wedge積の交代性より並び替え{ \sigma\in S^{k} }について

{ a\sqsubset ( a_{\sigma( 1 )}\wedge\dotsm\wedge a_{\sigma( k )} )=\pm a\sqsubset A=0 }

を満たす。

命題 { a\in\mathcal{G}^{1} }をベクトル、{ A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k}\neq 0 }をゼロでないブレードとする。次は同値である。

  • { a }が各{ a_{1}, \dotsc, a_{k} }に対して直交する。
  • { a }はブレード{ A }と直交する。

(証明)左内積ライプニッツ則より分かる。実際

{ a\sqsubset( a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} ) = \sum_{t=1}^{k}( a\sqsubset a_{t} )( -1 )^{t-1} a_{1}\wedge\dotsm\langle t \rangle\dotsm\wedge a_{k} }

より、補題の一次独立性を用いれば示される。{ \square }

定義 ベクトルの族{ E\subset\mathcal{G}^{1} }が直交であるとは、任意の{ f, g\in E }について{ f }{ g }が直交することをいう。

命題 { \lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace\subset\mathcal{G}^{1} }が直交であるとき、

{ a_{1}\dotsm a_{k}=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }

が成り立つ。

(証明){ k }に関する帰納法で示そう。{ k\gt 1 }のとき

{ \begin{align*} a_{1}\dotsm a_{k} &= a_{1}\sqsubset( a_{2}\dotsm a_{k} )+a_{1}\wedge( a_{2}\dotsm a_{k} ) \\ &=a_{1}\sqsubset( a_{2}\wedge\dotsm\wedge a_{k} )+a_{1}\wedge( a_{2}\wedge\dotsm\wedge a_{k} ) \end{align*} }

である。ここで{ a_{1} }{ a_{2}, \dotsc, a_{k} }に対して直交するから、{ a_{1} }{ a_{2}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }に対しても直交する。故に第1項はゼロとなり、

{ a_{1}\dotsm a_{k}=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }

を得る。{ \square }

次に取り組む問題は、一次独立なベクトルの族{ \lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }が与えられたとき、{ \mathrm{Span}\lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }を変えずに、その直交基底{ \lbrace \omega_{1}, \dotsc, \omega_{k} \rbrace }が取れるかという問題である。

定義 ブレード{ A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }について、{ A^{\dagger}=a_{k}\wedge\dotsm\wedge a_{1} }である。そこで{ A }のグラミアン(gramian)を

{ \mathrm{g}( A ):=A\ast A^{\dagger}=\mathrm{det}\left(\begin{matrix} a_{1}\ast a_{1} & \dotsm & a_{1}\ast a_{k} \\ \vdots & & \vdots \\ a_{k}\ast a_{1} & \dotsm & a_{k}\ast a_{k} \end{matrix}\right) }

と定める。

{ \mathrm{g}( A ) }はブレードの並び替えに依らず決まり、{ \mathrm{g}( A )\neq 0 }なら{ A\neq 0 }である。また{ j=1, \dotsc, k-1 }について

{ \mathrm{g}( a_{1}\wedge\dotsm\wedge( a_{k}+\lambda a_{j} ) )=\mathrm{g}( A ) }

が成り立つ。

定義 { a_{1}, \dotsc, a_{k}\in\mathcal{G}^{1} }をベクトルとする。

{ A_{t}=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{t} \quad ( 1\le t\le k )}

{ \mathrm{g}( A_{t} )\neq 0 }を満たすとき、ベクトルの組{ ( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }はシルベスター条件を満たすと言う。

補題 ベクトルの組{ ( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }はシルベスター条件を満たすとする。このとき{ \mathrm{Span}\lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }の直交基底{ \lbrace b_{1}, \dotsc, b_{k} \rbrace }が存在する。

(証明){ A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }のグラミアンはゼロでないから{ A\neq 0 }である。特に各{ a_{1}, \dotsc, a_{k} }は一次独立である。そこでグラム・シュミットの方法で直交基底を構成する。即ち帰納的に

{ \displaystyle b_{t}=a_{t}-\sum_{s=1}^{t-1}\frac{b_{s}\ast a_{t}}{\mathrm{g}( b_{s} )}b_{s} }

と定める。これがwell-definedであることと、{ \lbrace b_{1}, \dotsc, b_{t} \rbrace }が直交していることを帰納的に示していこう。まず{ s\lt t }について

{ \displaystyle b_{t}\ast b_{s}=a_{t}\ast b_{s}-\frac{b_{s}\ast a_{t}}{\mathrm{g}( b_{s} )}b_{s}\ast b_{s}=0 }

である。ここで

{ \mathrm{g}( a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{t} )=\mathrm{g}( a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{t-1}\wedge b_{t} ) }

であるが、{ b_{t} }{ a_{1}, \dotsc, a_{t-1} }は直交するので

{ \mathrm{g}( a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{t-1}\wedge b_{t} )=\mathrm{g}( a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{t-1} )( b_{t}\ast b_{t} ) }

となる。つまり

{ \mathrm{g}( a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{t-1} )\mathrm{g}( b_{t} )=\mathrm{g}( a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{t} ) }

が成り立つ。シルベスター条件より{ \mathrm{g}( b_{t} )\neq 0 }を得る。これが基底となっていることは明らかだろう。{ \square }

GAの基底について

{ \displaystyle \sum_{\sigma\in S^{k}}\mathrm{sgn}( \sigma )\cdot e_{i_{\sigma( 1 )}}\dotsm e_{i_{\sigma( k )}}=k! ( e_{i_{1}}\wedge\dotsm\wedge e_{i_{k}} ) }

が成り立つ。ここでwedge積は双線型であるから

{ \displaystyle \sum_{\sigma\in S^{k}}\mathrm{sgn}( \sigma )\cdot a_{\sigma( 1 )}\dotsm a_{\sigma( k )}=k! ( a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} ) }

が成り立つ。

{ R }標数がゼロのとき、次の定理が成り立つ。

定理 { R }標数はゼロとする。ベクトルの組{ ( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }はシルベスターであるとする。このときブレード{ A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} }{ k }個のベクトルの積で表せる。

(証明){ A\neq 0 }より{ \lbrace A \rbrace }は一次独立である。従って前回の定理より{ \lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }も一次独立である。(この証明には非退化性を要しなかったことに注意する。)そこで{ \mathrm{Span}\lbrace a_{1}, \dotsc, a_{k} \rbrace }の直交基底{ \lbrace \omega_{1}, \dotsc, \omega_{k} \rbrace }が取れる。このとき{ a_{i}:=\sum_{j}\beta_{i, j}\omega_{j} }と表せば、

{ \begin{align*} A&=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k} \\ &=\frac{1}{k!}\sum_{\sigma\in S^{k}}\mathrm{sgn}( \sigma )a_{\sigma( 1 )}\dotsm a_{\sigma( k )} \\ &=\frac{1}{k!}\sum_{\sigma\in S^{k}}\mathrm{sgn}( \sigma )\sum\beta_{\sigma( 1 ), j_{1}}\dotsm\beta_{\sigma( k ), j_{k}}\omega_{j_{1}}\dotsm\omega_{j_{k}} \\ &=\frac{1}{k!}\sum_{\sigma\in S^{k}}\mathrm{sgn}( \sigma )\sum_{\tau\in S^{k}}\beta_{\sigma( 1 ), \tau( 1 )}\dotsm\beta_{\sigma( k ), \tau( k )}\omega_{\tau( 1 )}\dotsm\omega_{\tau( k )} \\ &=\frac{1}{k!}\sum_{\sigma, \tau}\mathrm{sgn}( \sigma )\mathrm{sgn}( \tau^{-1} )\beta_{\sigma\tau^{-1}( \tau( 1 ) ), \sigma( 1 )}\dotsm\beta_{\sigma\tau^{-1}( \tau( k ) ), \tau( k )}\omega_{1}\dotsm\omega_{k} \\ &=\frac{1}{k!}\sum_{\sigma}\mathrm{det}( \beta )\omega_{1}\dotsm\omega_{k} \\ &=\mathrm{det}( \beta )\omega_{1}\dotsm\omega_{k} \end{align*} }

が成り立つ。{ \square }

所感

内積空間なら簡単な議論でも一般のGA上だと少々厄介になる。グラムの定義は自己流だが、ブレードについて重要な概念だと思われる。シルベスターについては技術的な仮定であり、今後の課題である。

最後の定理は正標数でも多分成り立つと思うが、組合せ論的な式について正標数でも証明可能となるトリックがあった気がしたけど忘れました。

研究課題 どんなときにベクトルの組{ ( a_{1}, \dotsc, a_{k} ) }はシルベスターの条件を満たすか。{ ( b_{1}, \dotsc, b_{k} ) }をシルベスター条件を満たし、かつ{ A=a_{1}\wedge\dotsm\wedge a_{k}, B=b_{1}\wedge\dotsm\wedge b_{k} }について{ B=A }あるいは{ \overline{B}=\overline{A} }となるように取れるか。