arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

37.グレブナー基底の性質

今回はグレブナー基底がどういった性質を持つかについて学ぶ。与えられた生成系がグレブナー基底となるかどうかの判定法、そして与えられた生成系からグレブナー基底を得るためのアルゴリズムについては次回行う。

グレブナー基底による割り算

前節で例に挙げた割り算アルゴリズムについて、割る順序を変えて行ってみよう。即ち{ f=X^{2}Y+1 }{ f_{2}=X^{2}-Y, f_{1}=XY-X }の順で割り算をする。すると

{ X^{2}Y+1=Y(X^{2}-Y)+0(XY-X)+Y^{2}+1 }

となり、余りが異なる結果になってしまう。イデアルに属すかどうかは生成系の順序は関係ないので、可能ならば割り算の順序に依らず余りが決まると嬉しい。グレブナー基底はそれを可能にする。

定理 イデアル{ I\subset k\lbrack X \rbrack }グレブナー基底{ G }とする。多項式{ f }に対し、多項式{ r }が一意的に存在し、次を満たす。

  • { f-r\in I }である。
  • { r=0 }となるか、そうでないなら{ \mathrm{LT}(g_{i}) }{ r }のどの項も割り切らない。

(証明)二条件を満たす{ r }の存在は割り算アルゴリズムから従うので一意性を示せば良い。{ f=g+r=g^{\prime}+r^{\prime} }{ g, g^{\prime}\in I }で表せるとする。このとき{ r-r^{\prime}\in I }なので、{ r-r^{\prime}\neq 0 }なら{ \mathrm{LT}(r-r^{\prime})\in\langle\mathrm{LT}(I)\rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle\mathrm{LT}(G)\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }を得る。{ r-r^{\prime} }{ \mathrm{LT}(G) }の元も項だから、ある{ i }が存在して{ \mathrm{LT}(g_{i})|\mathrm{LT}(r-r^{\prime}) }となる。右辺は{ r }または{ r^{\prime} }の項成分のいずれかの定数倍なので、二番目の条件に矛盾する。よって{ r-r^{\prime}=0 }である。割り算の順序によらないことは、{ G }の元を適当に並び替えれば{ r }の一意性より従う。{ \square }

グレブナー基底{ G }に対し、定理より割り算アルゴリズムによる余りが{ G }の元の順序に依らず一意的に決まることが分かる。多項式{ f }に対する割り算の余りを、{ \overline{f}^{G} }と表す。

イデアル所属判定法(Ideal Membership Criterion)) { G }イデアル{ I }グレブナー基底とする。以下は同値である。

  • { f\in I }である。
  • { \overline{f}^{G}=0 }である。

(証明)余りを{ r }とする。{ r=0 }なら{ f-r=f\in I }であり、逆に{ f\in I }なら{ f-0=f\in I }となるから一意性より{ r=0 }を得る。{ \square }

グレブナー基底の定義は先頭項イデアルに対する条件であったが、元のイデアルに対する生成系にもなっている。

{ G }イデアル{ I }グレブナー基底とすると、{ I=\langle G \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }が成り立つ。

(証明){ f\in I }とする。上の系より{ \overline{f}^{G}=0 }だから{ f\in\langle G \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }が従う。逆は明白だろう。{ \square }

極小グレブナー基底

イデアル{ I }グレブナー基底{ G }に対し、{ G }の元を足したり引いたりしたものをまた{ G }に加えても、再び{ I }グレブナー基底となる。つまりグレブナー基底には余分な元が含まれている可能性があり、計算するときには無駄になるため、このような元を取り除くプロセスがあると良い。

グレブナー基底{ G=\lbrace g_{1}, \dotsc, g_{s} }が極小(minimal)であるとは、{ \mathrm{LT}(g_{i})|\mathrm{LT}(g_{j}) }なら{ i=j }が成り立つことを指す。言い換えれば{ g\in G }に対し、{ \mathrm{LT}(g)\notin\langle \mathrm{LT}(G\backslash\lbrace g \rbrace)\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }が成り立つ。

命題 イデアル{ I }グレブナー基底{ G }に対し、{ \mathrm{LT}(p)\in\langle\mathrm{LT}(G\backslash\lbrace p \rbrace)\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }となる{ p\in G }が存在するとする。{ G^{\prime}:=G\backslash\lbrace p \rbrace }とすると、{ G^{\prime} }{ I }グレブナー基底となる。

(証明)条件より

{ \langle\mathrm{LT}(I)\rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle\mathrm{LT}(G)\rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle\mathrm{LT}(G^{\prime})\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }

が従うので{ G^{\prime} }{ I }グレブナー基底である。{ \square }

{ \mathrm{LT}(p)\in\langle\mathrm{LT}(G\backslash\lbrace p \rbrace)\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }は項に対する言及だから指数を比較すれば直ちに分かる。{ \sharp G }は有限だから上記の操作は有限回で終わるので、極小グレブナー基底を得るアルゴリズムとなっている。

極小グレブナー基底の定義には、{ g\in G }に対し{ \mathrm{LC}(g)=1 }が成り立つことを加えることもある。この場合は上記のプロセスに、{ g\in G }{ \mathrm{LC}(g) }で割るプロセスを加えればよい。またこのとき次が成り立つ。

補題 { G_{1}, G_{2} }イデアル{ I }グレブナー基底(先頭項の係数はイチ)とすると{ \mathrm{LT}(G_{1})=\mathrm{LT}(G_{2}) }が成り立つ。

(証明){ p\in G_{1} }とする。

{ \mathrm{LT}(p)\in\langle\mathrm{LT}(G_{1})\rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle\mathrm{LT}(I)\rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle\mathrm{LT}(G_{2})\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }

なので、ある{ q\in G_{2} }が存在して{ \mathrm{LT}(q)|\mathrm{LT}(p) }となる。{ q }に対しても同様に{ p^{\prime}\in G_{1} }が存在して{ \mathrm{LT}(p^{\prime})|\mathrm{LT}(q) }となる。よって{ \mathrm{LT}(p^{\prime})|\mathrm{LT}(p) }が成り立ち、極小性と先頭項の係数がイチであることから{ p^{\prime}=p }が従う。故に{ \mathrm{LT}(p)=\mathrm{LT}(q) }が成り立つ。つまり{ \mathrm{LT}(G_{1})\subset\mathrm{LT}(G_{2}) }が分かる。逆も同様なので一致する。{ \square }

特に二つの極小グレブナー基底に対し、その元の個数は一致することが分かる。

被約グレブナー基底

極小グレブナー基底は、たとえ先頭項の係数がイチであっても一意的に決まるわけではない。数学的にそれほど本質的な議論というわけではないが*1、割り算計算の軽量化を考えれば、なるべく単純な形の基底が欲しい。実は余分な元だけではなく余分な項も取り除いた、被約グレブナー基底というものを考えることで(イデアルに対し)唯一になる。(項順序には依る。)

定義 イデアル{ I }の極小グレブナー基底{ G }が以下の二条件を満たすとき、被約(reduced)であるという。

  • 任意の{ g\in G }に対し{ \mathrm{LC}(g)=1 }が成り立つ。
  • 任意の{ g\in G }に対し、{ t }{ g }の項成分とすると、{ t\notin\langle\mathrm{LT}(G\backslash\lbrace g \rbrace)\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }が成り立つ。

被約なら極小である。

命題 { G }イデアル{ I }の極小グレブナー基底(先頭項の係数はイチ)とする。{ g\in G }に対し、{ G\backslash\lbrace g \rbrace }による割り算の余りを{ \overline{g} }で表す。({ G\backslash\lbrace g \rbrace }も別のグレブナー基底となっていて、割る順序に依らないことも多分分かるけどあまり重要ではない。){ \overline{g}^{\prime}:=\frac{\overline{g}}{\mathrm{LC}(\overline{g})} }として、{ G^{\prime}:=(G\backslash \lbrace g \rbrace)\cup\lbrace \overline{g} \rbrace }と置く。このとき{ G^{\prime} }{ I }の極小グレブナー基底(先頭項の係数はイチ)であり、{ \overline{g}^{\prime} }のどの項成分も{ \langle\mathrm{LT}(G^{\prime}\backslash\lbrace \overline{g}^{\prime} \rbrace)\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }に含まれていない。

(証明)後半は割り算アルゴリズムの定義より従う。{ G }は極小だから、{ \mathrm{LT}(g)\notin\langle \mathrm{LT}(G\backslash\lbrace g \rbrace) \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }である。よって先頭項はそのまま割り算の余りになるため{ \mathrm{LM}(\overline{g}^{\prime})=\mathrm{LM}(g) }が成り立つ。特に先頭項の係数はイチなので{ \mathrm{LT}(\overline{g}^{\prime})=\mathrm{LT}(g) }が成り立つ。従って{ \mathrm{LT}(G)=\mathrm{LT}(G^{\prime}) }となるため、

{ \langle\mathrm{LT}(G^{\prime})\rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle\mathrm{LT}(G)\rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle\mathrm{LT}(I)\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }

を得る。つまり{ G^{\prime} }グレブナー基底であり、更に極小性も自明である。{ \square }

{ G=\lbrace g_{1}, \dotsc, g_{s} \rbrace }イデアル{ I }の極小グレブナー基底として{ G_{0}:=G }と置く。{ g_{i} }{ G_{i-1}\backslash\lbrace g_{i} \rbrace }(の適当な順)で割った余りを{ \overline{g_{i}} }とし、{ \overline{g_{i}}^{\prime}:=\frac{\overline{g_{i}}}{\mathrm{LC}(\overline{g_{i}})} }と定め、{ G_{i-1} }{ g_{i} }{ \overline{g_{i}}^{\prime} }で置き換えたものを{ G_{i} }と置く。このとき上記の命題により各{ G_{1}, \dotsc, G_{s} }は極小グレブナー基底(先頭項の係数はイチ)となり、更に{ G_{s} }は被約グレブナー基底となることが分かる。よって極小グレブナー基底から被約グレブナー基底を得るアルゴリズムが得られた。

定理 被約グレブナー基底は一意的である。

(証明){ G_{1}, G_{2} }イデアル{ I }の被約グレブナー基底とする。極小性より{ \mathrm{LT}(G_{1})=\mathrm{LT}(G_{2}) }である。よって{ p\in G_{1} }に対して{ q\in G_{2} }が一意的に存在して{ \mathrm{LT}(p)=\mathrm{LT}(q) }が成り立つ。このとき{ p=q }となることを示せば良い。まず先頭項が一致するので{ \mathrm{deg}(p-q)\lt\mathrm{deg}p }である。そこで{ G_{1} }{ p-q }を割ると、{ \mathrm{LT}(p) }{ p-q }のどの項成分も割り切らない。{ G_{1} }の被約性より{ p^{\prime}\in G_{1}\backslash\lbrace p \rbrace }に対して{ \mathrm{LT}(p^{\prime}) }{ p }のどの項成分も割り切らない。{ \mathrm{LT}(p^{\prime})=\mathrm{LT}(q^{\prime}) }となる{ q^{\prime}\in G_{2} }を考えれば、{ G_{2} }の被約性より、{ \mathrm{LT}(p^{\prime})=\mathrm{LT}(q^{\prime}) }{ q }のどの項成分も割り切らない。故に{ p-q }のどの項成分も割り切らないため、{ p-q }{ G_{1} }で割り算した余りは{ p-q }そのものになる。{ p-q\in I }より余りはゼロ、即ち{ p=q }が従う。{ \square }

所感

次回はいよいよブッフバーガーによるグレブナー基底を求めるためのアルゴリズムを紹介する。その後は代数幾何の第一歩っぽいことが出来たらいいな。応用とかバリエーションについても勉強したい。

*1:自分が知らないだけで重要な意味があるのかな?

【動画紹介】The Map of Mathematics

こういうの好き。とりあえずメモ。

36.多項式環のグレブナー基底

少し話題を変えて多項式環の計算理論をやっておく。PDFにするときは別の章にするかもしれない。

項順序と割り算アルゴリズム

以前、一変数多項式環の整除について学んだ。これと同じことを多変数の多項式についても考えたいのだが、一変数の場合と異なり多項式の次数は自然に定まらない。項順序とは割り算を上手く機能させるために導入する順序であり、この下で多項式の整除を定めることができる。

以下{ k }は体とする。{ n }変数の多項式環{ k\lbrack X_{1}, \dotsc, X_{n} \rbrack }{ k\lbrack X \rbrack }と略記する。{ \alpha=(\alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n})\in\mathbb{Z}_{\ge 0}^{n} }に対し、{ X^{\alpha}:=X_{1}^{\alpha_{1}}\dotsm X_{n}^{\alpha_{n}} }と略記し、{ cX^{\alpha} }の形をした多項式を項(term)と呼ぶ。特に{ c=1 }のとき、{ X^{\alpha} }の形をした項を単項式(monomial term)と呼ぶ。また{ \alpha }は多重指数(multi-index)と呼ばれ、{ | \alpha |:=\sum_{i}\alpha_{i} }をその絶対値、{ \alpha!:=\alpha_{1}!\dotsm\alpha_{n}! }をその階乗などと呼ぶ。一般にゼロでない多項式{ f\neq 0 }は、幾つかの項の和で表されるが、これらの項を多項式の項成分と呼ぶ。

多重指数に対する順序関係が項順序(term order)であるとは、以下の三条件を満たすことをいう。

  • { \alpha, \beta\in\mathbb{Z}_{\ge 0}^{n} }に対して{ \alpha\lt\beta, \alpha=\beta, \alpha\gt\beta }の何れかが成り立つ。(全順序性)
  • { \alpha\gt\beta }なら{ \alpha+\gamma\gt\beta+\gamma }が成り立つ。(加法性)
  • { S\subset\mathbb{Z}_{\ge 0}^{n} }が空でないとき、{ S }に最小元が存在する。(整列性)

項順序は目的に応じて色々変えるのが普通だが、基本的には次の三種類の何れかを用いる。

辞書式順序(lexicographic order, lex) { \alpha \lt_{\mathrm{lex}} \beta }であることを、{ \alpha_{1}=\beta_{1}, \dotsc, \alpha_{i}=\beta_{i}, \alpha_{i+1}\lt\beta_{i+1} }で定める。

次数付き辞書式順序(graded lexicographic order, grlex) { \alpha \lt_{\mathrm{grlex}} \beta }であることを、{ | \alpha | \lt | \beta | }、もしくは{ | \alpha | = | \beta | }かつ{ \alpha \lt_{\mathrm{lex}} \beta }で定める。

次数付き逆辞書式順序(graded reverse lexicographic order, grevlex) { \alpha \lt_{\mathrm{grevlex}} \beta }であることを、{ | \alpha | \lt | \beta | }、もしくは{ | \alpha | = | \beta | }かつ{ \alpha_{n}=\beta_{n}, \dotsc, \alpha_{i+1}=\beta_{i+1}, \alpha_{i}\gt\beta_{i} }で定める。(順序の向きに注意)

上から簡単に説明すると、lexでは前が小さければ小さい。grlexではまず絶対値を比較し、その後lexで比較する。grevlexもまず絶対値で比較するが、後ろが大きければ小さい。

項順序が与えられているとき、ゼロでない多項式{ f\neq 0 }に対し次を定める。まず項順序で最大の項成分を{ \mathrm{LT}(f) }で表し、先頭項(leading term)と呼ぶ。先頭項の係数(leading coefficient)は{ \mathrm{LC}(f) }で表し、先頭項の係数をイチとしたもの(leading monomial)を{ \mathrm{LM}(f) }で表す。更に{ \mathrm{LT}(f)=cX^{\alpha} }のとき{ \mathrm{deg}f:=\alpha }{ f }の次数(degree)と呼ぶ。

定理(割り算アルゴリズム 項順序が与えられた多項式環{ k\lbrack X \rbrack }を考える。多項式{ f }及び{ f_{1}, \dotsc, f_{s} }に対して、次を満たす多項式{ a_{1}, \dotsc, a_{s} }及び {r }は一意的に定まる。(正確には順序付きの{ (f_{1}, \dotsc, f_{s}) }に対して一意に定まる。)

  • { f=a_{1}f_{1}+\dotsb+a_{s}f_{s}+r }が成り立つ。
  • { r\neq 0 }のとき、任意の{ i }に対して{ \mathrm{LT}(f_{i}) }{ r }の項成分を割り切らない。
  • { a_{j}\neq 0 }のとき、{ t }{ a_{j}\mathrm{LT}(f_{j}) }の項成分とすると、任意の{ i }に対して{ \mathrm{LT}(f_{i}) }{ t }を割り切らない。
  • { a_{j}\neq 0 }のとき、{ \mathrm{deg}f\gt\mathrm{deg}a_{j}f_{j} }が成り立つ。特に{ r=0 }なら{ \mathrm{deg}a_{j}f_{j} }の最大が{ \mathrm{deg}f }に一致する。

(証明)以下のアルゴリズムで実行する。

  • 入力は{ f, f_{1}, \dotsc, f_{s} }であり、出力は{ a_{1}, \dotsc, a_{s}, r }である。
  • まず{ a_{1}, \dotsc, a_{s} }及び{ r }にゼロを代入し、{ p }{ f }を代入する。
  • (A) もし{ p=0 }なら終了する。
  • そうでないなら、{ \mathrm{LT}(f_{j}) }{ LT(p) }を割り切るような{ j }を考え、その全体を{ J }とする。
  • もし{ J }が空なら{ r }{ r+\mathrm{LT}(p) }を代入し、{ p }{ p-\mathrm{LT}(p) }を代入し(A)に戻る。
  • 空でないなら、{ j:=\mathrm{min}J }として{ a_{j} }{ a_{j}+\frac{\mathrm{LT}(p)}{\mathrm{LT}(f_{j})} }を代入し、{ p }{ p-\frac{\mathrm{LT}(p)}{\mathrm{LT}(f_{j})}f_{j} }を代入し(A)に戻る。

この操作では、{ p=0 }とならない限り{ p }の次数は真に減少していく。もしアルゴリズムが止まらないとすれば、{ \lbrace \mathrm{deg}p \rbrace }を考えれば整列性より最小元が存在するため矛盾する。従ってこの操作は有限回で停止する。{ \square }

{ f=X^{2}Y+1, f_{1}=XY-X, f_{2}=X^{2}-Y }とする。{ X\gt Y }の辞書式順序で割り算を実行してみよう。{ \mathrm{LT}(f_{1})=XY, \mathrm{LT}(f_{2})=X^{2} }である。以下に途中計算を挙げる。

{ p } { a_{1} } { a_{2} } { r } { \mathrm{LT}(p) } { J } { j }
{ X^{2}Y+1 } { 0 } { 0 } { 0 } { X^{2}Y } { \lbrace 1, 2 \rbrace } { 1 }
{ (X^{2}Y+1)-X(XY-X)=X^{2}+1 } { 0+\frac{X^{2}Y}{XY}=X } { 0 } { 0 } { X^{2} } { \lbrace 2 \rbrace } { 2 }
{ (X^{2}+1)-1(X^{2}-Y)=Y+1 } { X } { 0+\frac{X^{2}}{X^{2}}=1 } { 0 } { Y } { \emptyset }
{ (Y+1)-Y=1 } { X } { 1 } { 0+Y=Y } { 1 } { \emptyset }
{ 1-1=0 } { X } { 1 } { Y+1 }

故に{ X^{2}Y+1=X(XY-X)+1(X^{2}-Y)+(Y-1) }となる。

イデアルグレブナー基底

イデアル(term ideal)あるいは単項式イデアルとは、単項式から成る生成系を持つイデアルのことを指す。即ち{ A\subset\mathbb{Z}_{\ge 0}^{n} }が存在して{ I=\langle X^{\alpha}\mid\alpha\in A\rangle_{k\lbrack X \rbrack} }と表せるイデアルのことを意味する。これを簡単に{ I=\langle X^{\alpha}\mid\alpha\in A \rangle }などと表す。

命題 { I }を項イデアル{ \beta }を多重指数とする。以下は同値となる。

  • { X^{\beta}\in I }である。
  • ある{ \alpha\in A }が存在して{ X^{\alpha}|X^{\beta} }が成り立つ。

(証明){ X^{\beta}\in I }とする。ある{ \alpha_{i}\in A }が存在して{ X^{\beta}=\sum_{i=1}^{m}h_{i}X^{\alpha_{i}} }と表せる。ここで{ h_{i}=\sum_{\gamma}c_{i, \gamma}X^{\gamma} }と置くと、{ X^{\beta}=\sum c_{i, \gamma}X^{\gamma+\alpha_{i}} }が成り立つ。故にある{ i, \gamma }が存在して{ \beta=\gamma+\alpha_{i} }となるので{ X^{\beta}=X^{\gamma}X^{\alpha_{i}} }となる。下から上は明らか。{ \square }

命題 { I }を項イデアル{ f=\sum_{\beta}c_{\beta}X^{\beta} }とする。以下は同値となる。

  • { f\in I }である。
  • { c_{\beta}\neq 0 }なら{ X^{\beta}\in I }が成り立つ。

(証明){ f\in I }とする。先ほどと同様に{ f=\sum c_{\beta}X^{\beta}=\sum h_{i}X^{\alpha_{i}}=\sum c_{i, \gamma}X^{\gamma+\alpha_{i}} }と表せる。{ c_{\beta}\neq 0 }なら{ \beta=\gamma+\alpha_{i} }となる{ i, \gamma }が存在するので{ X^{\alpha_{i}}|X^{\beta} }より上の命題から{ X^{\beta}\in I }が成り立つ。下から上は明らか。{ \square }

補題 (ディクソンの補題{ I=\langle X^{\alpha} | \alpha\in A \rangle }を項イデアルとする。このときある{ \alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{s}\in A }が存在して{ I=\langle X^{\alpha_{1}}, \dotsc, X^{\alpha_{s}} \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }が成り立つ。

(証明)既に{ k\lbrack X \rbrack }ネーター環であることは示してあるので{ I }は有限生成となる。そこで{ f_{1}, \dotsc, f_{s} }をその生成元とすれば、{ f_{i}=\sum c_{\beta}X^{\alpha_{i, \beta}} }と有限個の{ \alpha_{i, \beta}\in A }を用いて表せる。{ I }{ \lbrace X^{\alpha_{i, \beta}} \rbrace }により生成されるので、題意を満たす。{ \square }

因みに直接この補題を示すこともできる。

さて、集合{ T\subset k\lbrack X \rbrack }に対し、{ \mathrm{LT}(T):= \lbrace \mathrm{LT}(f) \mid f\in T, \neq 0 \rbrace }と置く。{ \mathrm{LM}(T) }も同様に定義する。

先頭項イデアル(leading term ideal)とは{ k\lbrack X \rbrack }イデアル{ I }に対し、{ \mathrm{LT}(I) }で生成されるイデアルのことを指す。

{ k }は体なので、一般に{ \langle \mathrm{LM}(I) \rangle_{k\lbrack X \rbrack} = \langle \mathrm{LT}(I) \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }が成り立つことに注意する。またイデアル{ I=\langle f_{1}, \dotsc, f_{s} \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }に対し{ \langle \mathrm{LT}(I) \rangle_{k\lbrack X \rbrack}\supset\langle \mathrm{LT}(f_{1}), \dotsc, \mathrm{LT}(f_{s}) \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }が成り立つ。

定義 { I\subset k\lbrack X \rbrack }イデアルとする。{ G=\lbrace g_{1}, \dotsc, g_{s} \rbrace\subset I\backslash\lbrace 0 \rbrace }{ I }グレブナー基底(Gr{ \ddot{\mathrm{o}} }bner basis)であるとは、

{ \langle \mathrm{LT}(I) \rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle \mathrm{LT}(g_{1}), \dotsc, \mathrm{LT}(g_{s}) \rangle_{k\lbrack X \rbrack}\left( = \langle \mathrm{LT}(G) \rangle_{k\lbrack X \rbrack} \right) }

を満たすことをいう。

定理 グレブナー基底は存在する。

(証明){ \langle \mathrm{LM}(I) \rangle }は項イデアルなので、ディクソンの補題より{ g_{1}, \dotsc, g_{s}\in I }が存在して

{ \langle \mathrm{LM}(I) \rangle_{k\lbrack X \rbrack}=\langle \mathrm{LM}(g_{1}), \dotsc, \mathrm{LM}(g_{s}) \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }

が成り立つ。左辺は{ \langle \mathrm{LT}(I) \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }に等しく、右辺は{ \langle \mathrm{LT}(G) \rangle_{k\lbrack X \rbrack} }に等しいので題意が示される。{ \square }

所感

グレブナー基底があると何が嬉しいかは次回。またグレブナー基底の存在は示したが、その計算方法については何も述べていない。証明を見ると{ \mathrm{LM}(I) }の計算に帰着されてはいるが、一見すると問題は全然簡単になっていないように思える。グレブナー基底を考案したグレブナーの弟子ブッフバーガーが偉いのは、これを計算するアルゴリズムを主張したことにある。計算量的には膨大で、当時はとても人の手に余るものだったが、今はコンピュータが高性能になり計算だけでなく様々な応用が可能となった。