読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

34.射影的加群(初等編)

目次

自由加群と射影的加群

函手{ \mathrm{Hom}_{R}(P, -) }を完全にする加群{ P }を射影的加群と呼んだ。ホム函手は常に左完全であるから、これは完全列{ Y\xrightarrow{p}Z\rightarrow 0 }が完全列{ \mathrm{Hom}_{R}(P, Y)\xrightarrow{p^{\ast}}\mathrm{Hom}_{R}(P, Z)\rightarrow 0 }を誘導することを意味する。つまり{ p:Y\rightarrow Z }全射のとき、任意の{ f:P\rightarrow Z }に対して{ p\circ g=f }となる{ g:P\rightarrow Y }が存在する。このような{ g }を一般に{ f }{ p }による持ち上げ(lifting)と呼ぶ。故に射影的加群{ P }とは、全射{ p:Y\rightarrow Z }に対し{ f:P\rightarrow Z }の持ち上げが常に存在するような加群のことを指す。

果たして上記のような加群(加えて興味深い性質を持つ例)は存在するのだろうかという疑問に対して、現時点において、ある程度の回答を与えることができる。

まずは{ R }-加群で最も基本的と述べた自由加群から始めよう。自由加群{ F }とは適当な添え字集合{ \Lambda }に対し、{ R^{\Lambda} }と同型となる加群のことであった。各{ \lambda\in\Lambda }に対し、{ \lambda }-成分においてイチ、それ以外の成分においてゼロを取るような元が{ R^{\Lambda} }に存在するが、これに対応する元{ e_{\lambda}\in F }達を自由基底(free basis)と呼ぶ。この意味するところは、ベクトル空間における基底のように、{ F }の元は{ \sum r_{\lambda}e_{\lambda} }と一意的に表せることを主張する。

ここで全射{ p:Y\rightarrow Z }及び{ f:F\rightarrow Z }に対し、{ f(e_{\lambda})=p(a_{\lambda}) }となるような{ a_{\lambda}\in Y }が常に存在する。そこで写像{ g:F\rightarrow Y }を、{ e_{\lambda}\mapsto a_{\lambda} }により定められる写像とする。あるいは同じことだが{ g_{\lambda}:R\rightarrow Y }{ r\mapsto ra_{\lambda} }で定めて、普遍性より{ g:F\rightarrow Y }を得る。このとき{ p\circ g=f }となるので{ F }は射影的である。

さて、上の議論に何か問題は無いだろうか。実は自分もよく見過ごすのだが、日本語に隠された大きなギャップが存在する。それを明らかにするには数学における「証明」についてきちんと考え直さなければならない。詳しくは基礎論に譲るとして、上の議論で問題となるところを端的に述べれば「証明は記号の有限列」である。上の議論では任意の{ \lambda }に対して{ a_{\lambda} }が存在することを主張する所まではよい。だが存在することしか分からないものを個別に指定して廻るのは、高々有限の範囲に収まらなければならない。人間は無限個の空でない箱の中から中身を一斉に取り出すことはできない。精々一つづつ取り出せるだけで、一斉に行うには何か巨大な機械が必要である。今の場合、始めから{ a_{\lambda} }が与えられている場合は問題ないが、そうでない場合は超越的な操作が必要になる。この操作こそが選択公理(Axiom of choice, AC)と呼ばれるものであるが、今はまだ敢えてこの公理を仮定せず、できる議論を続けたい。

命題 有限自由加群は射影的加群である。

(証明){ \Lambda=\lbrace 1, \dotsc, n \rbrace }なので、上記の操作は有限の範囲に収まる。{ \square }

短完全列の分裂

射影的加群

定義 { R }-加群{ M }及びその部分加群{ L, N }が以下を満たすとする。

  • { L+N=M }が成り立つ。
  • { L\cap N=\lbrace 0 \rbrace }が成り立つ。

このとき{ M }{ L }{ N }の内部直和(inner direct sum)であるといい、{ M=L\uplus N }と表す。{ L, N }のことを{ M }の直和成分(direct summand)と呼ぶ。

命題 { L\uplus N\cong L\oplus N }である。

(証明)普遍性より{ L\oplus N\rightarrow L\uplus N }が取れる。これが全単射であることは条件より従う。{ \square }

つまり{ M }の元は{ L }{ N }の元の和で一意的に表せる。

補題 短完全列{ 0\rightarrow X\xrightarrow{f}Y\xrightarrow{g}Z\rightarrow 0 }に対し、以下は同値である。

  • { \beta:Z\rightarrow Y }が存在して{ g\circ \beta=\mathrm{id}_{Z} }が成り立つ。
  • { \alpha:Y\rightarrow X }が存在して{ \alpha\circ f=\mathrm{id}_{X} }が成り立つ。

(証明)上から下を示す。{ y\in Y }に対し、{ g(y-\beta( g( y ) ) )=0 }であるから{ y\in\mathrm{Im}\beta+\mathrm{Ker}g }となる。また{ y\in\mathrm{Im}\beta\cap\mathrm{Ker}g }とすれば、{ z\in Z }が存在して{ \beta( z )=y }となるから、{ z=g\beta z=g( y )=0 }つまり{ y=\beta( 0 )=0 }となる。故に{ Y=\mathrm{Im}\beta\uplus\mathrm{Ker}g }が従う。つまり{ y=y_{1}+y_{2}, y_{1}\in\mathrm{Im}\beta, y_{2}\in\mathrm{Ker}g }と一意的に表せる。このとき{ \mathrm{Ker}g=\mathrm{Im}f }であり、{ f }単射なので{ f(x)=y_{2} }となる{ x }が唯一つ存在する。この{ x }を取り{ y\mapsto x }と定めればよい。

下から上も同様に{ Y=\mathrm{Im}f+\mathrm{Ker}\alpha }が示せるのでそれを利用すればよい。{ \square }

注意 上の写像の作り方に選択公理は必要ない。実際{ x }{ y }に対して一意的に決まっており、それを指定することで写像を具体的に構成できる。

定義 短完全列が上の条件を満たすとき、分裂している(split)と呼ぶ。

命題 { P }を射影的加群とする。このとき短完全列{ 0\rightarrow A\xrightarrow{f}B\xrightarrow{g}P\rightarrow 0 }は分裂する。

(証明){ \mathrm{id}:P\rightarrow P }に対して射影的加群の性質を用いればよい。{ \square }

では逆は成り立つだろうか。全射{ p:Y\rightarrow Z }及び{ f:P\rightarrow Z }を考える。一般に加群は適当な自由加群全射像となっている。従ってある自由加群{ F }及び全射{ F\xrightarrow{g}P }が存在する。短完全列{ 0\rightarrow\mathrm{Ker}g\rightarrow F\xrightarrow{g}P\rightarrow 0 }は分裂するから、{ h:P\rightarrow F }が存在して{ g\circ h=\mathrm{id}_{P} }を満たす。{ F\cong R^{\Lambda} }とすれば{ f\circ g(e_{\lambda})=p(y_{\lambda}) }となる{ y_{\lambda}\in Y }が存在する。ここに再び選択公理を仮定すれば{ g^{\prime}:F\rightarrow Y }{ e_{\lambda}\mapsto y_{\lambda} }より定めることが出来る。このとき{ p\circ g^{\prime}\circ h=f }となり{ P }は射影的であることが分かる。

命題 { P }は有限生成とする。任意の短完全列{ 0\rightarrow A\xrightarrow{f}B\xrightarrow{g}P\rightarrow 0 }が分裂するとき、{ P }は射影的である。

(証明)有限生成なら{ F\cong R^{n} }とできるので{ g^{\prime} }を具体的に構成できる。{ \square }

命題 射影的加群は、ある自由加群の直和成分である。

(証明){ P }を射影的加群とする。ある自由加群{ F }及び全射{ g:F\rightarrow P }が存在する。このとき{ 0\rightarrow\mathrm{Ker}g\rightarrow F\xrightarrow{g} P\rightarrow 0 }は分裂するので{ F\cong\mathrm{Ker}g\uplus P }と表せる。これは{ P }が直和成分であることを示す。{ \square }

命題 有限自由加群の直和成分は射影的加群である。

(証明){ R^{n}\rightarrow P }を射影({ P }成分に制限する写像)とすれば、{ 0\rightarrow\mathrm{Ker}\rightarrow R^{n}\rightarrow P\rightarrow 0 }は分裂し{ P\rightarrow R^{n} }が取れる。ここで全射{ Y\rightarrow Z }及び{ P\rightarrow Z }に対して、{ R^{n}\rightarrow B }を図式を可換にするように取れる。{ \square }

有限生成な射影的加群の直和成分も射影的加群である。

(証明)射影加群は自由加群の直和成分であるが、特に有限生成なら有限自由加群の直和成分として書ける。その直和成分もまた有限自由加群の直和成分だから、射影的加群である。{ \square }

上に見るように有限生成な射影的加群は、有限自由加群の直和成分という形で特徴付けられることが分かる。従って射影的加群の例を作るのは簡単である。この特徴付けは選択公理により強い主張に置き換えることができることを予告しておく。

補題 有限自由加群同士のテンソル積は有限自由加群である。

(証明){ \left( \bigoplus_{i=1}^{n}R \right)\otimes\left( \bigoplus_{j=1}^{m}R \right)\cong\bigoplus_{i, j}(R\otimes R)=\bigoplus_{i, j}R }より明らか。{ \square }

命題 { P, Q }が有限生成な射影的加群とする。以下が成り立つ。

  • { P\oplus Q }は(有限生成な)射影的加群である。
  • { P\otimes Q }は(有限生成な)射影的加群である。

(証明){ P, Q }は有限自由加群の直和成分だから、{ R^{n}=P\oplus M, R^{m}=Q\oplus N }と表せる。このとき{ P\oplus Q \oplus (M\oplus N)=R^{n+m} }より、{ P\oplus Q }は射影的である。

また{ R^{n}\otimes R^{m}=(P\oplus M)\otimes (Q\oplus N)=(P\otimes Q)\oplus(M\otimes Q\oplus P\otimes N\oplus M\otimes N) }より、{ P\otimes Q }も射影的である。{ \square }

所感

やっぱ選択公理は偉大だわ。単射加群殆ど何も言えなそうなんだけど……。

33.函手と自然変換

目次

前回括弧付きで(コ)と書いたのに、本文では一言も触れてないという(笑)後で適当に加えておこう。

函手

二つの圏を対応付けるものとして函手を導入する。

定義 { C, D }を圏とする。{ C }の対象{ X }に対し{ D }の対象{ FX }が定まり、また{ C }の射{ X\xrightarrow{f}Y }に対し{ D }の射{ FX\xrightarrow{Ff}FY }が定まるとする。恒等射に対して{ F(\mathrm{id}_{X})=\mathrm{id}_{FX} }が成り立ち、射の合成に対して{ F(g\circ f)=Fg\circ Ff }が成り立つとき、{ F }{ C }から{ D }への函手(functor)と呼び、{ F:C\rightarrow D }などと表す。

例えば圏{ C }の対象{ X }に対して定まる{ \mathrm{Mor}_{C}(X, -) }は、{ C }から集合の圏{ \mathrm{set} }への函手となる。

{ R }-加群{ M }に対し{ M }を単に集合と見なすことで函手{ R\mathrm{-mod}\rightarrow\mathrm{set} }が定まる。このように構造を持った集合から、その構造を忘れることで得られる函手を忘却函手(forgetful functor)と呼ぶ。

反転圏からの函手{ C^{\mathrm{op}}\rightarrow D }{ C }から{ D }への反変函手(contravariant functor)と呼ぶ。この意味で通常の函手を共変函手(covariant functor)とも呼ぶ。

切断や引込、イソといった射の性質は函手によって保たれる。つまり同型な対象の函手による「像」もまた同型になる。逆は一般に成り立たないが、次の条件が参考になる。

定義 函手{ F:C\rightarrow D }に対して次を定める。

  • { \mathrm{Mor}_{C}(X, Y)\rightarrow\mathrm{Mor}_{D}(FX, FY) }単射となるとき{ F }は忠実(faithful)であると呼ぶ。
  • { \mathrm{Mor}_{C}(X, Y)\rightarrow\mathrm{Mor}_{D}(FX, FY) }全射となるとき{ F }は充満(full)であると呼ぶ。

ただしここで言う単射とは{ f, g:X\rightarrow Y }に対し{ Ff=Fg }なら{ f=g }となることを意味し、全射とは{ \phi:FX\rightarrow FY }に対してある{ f:X\rightarrow Y }が存在して{ Ff=\phi }となることを意味する。特に{ C }が局所的に小さい圏である場合は集合の意味での単射全射になる。

命題 函手{ F:C\rightarrow D }が忠実かつ充満なとき以下は同値となる。

  • { X\cong Y }である。
  • { FX\cong FY }である。

(証明)下から上を示せば良い。{ FX\xrightarrow{\alpha}FY, FY\xrightarrow{\beta}FX }{ \beta\circ\alpha=\mathrm{id}_{FX}, \alpha\circ\beta=\mathrm{id}_{FY} }を満たすとする。忠実充満性より、対応する{ X\xrightarrow{\alpha^{\prime}}Y, Y\xrightarrow{\beta^{\prime}}X }が一意的に存在する。一方で恒等射に対応するのも恒等射だから、函手の定義より{ X\cong Y }が従う。{ \square }

自然変換

二つの函手が「自然な」対応関係にあるということを示すのが自然変換である。

定義 { F, G:C\rightarrow D }を函手とする。{ C }の対象{ X }に対し、射{ \tau_{X}:FX\rightarrow GX }が与えられ、{ X\xrightarrow{f}Y }に対し{ Gf\circ\tau_{X}=\tau_{Y}\circ Ff }が成り立つとする。このとき{ \tau=(\tau_{X}) }{ F }から{ G }への自然変換(natural transformation)と呼び、{ \tau:F\rightarrow G }などと表す。{ F }から{ G }への自然変換全体を{ \mathrm{Nat}(F, G) }と表す。

函手{ F }に対し自然変換{ \mathrm{id}_{F}:=(\mathrm{id}_{FX}):F\rightarrow F }が定まる。また函手{ F, G, H }及び自然変換{ \tau:F\rightarrow G, \sigma:G\rightarrow H }に対し、自然変換{ \sigma\circ\tau:=(\sigma_{X}\circ\tau_{X}:FX\rightarrow GX\rightarrow HX) }が定まる。すると函手を対象とし、自然変換を射とする圏を定めることができる。これを函手圏(functor category)と呼び{ \mathrm{Funct}(C, D) }{ D^{C} }などと書く。函手圏における同型を自然同値(naturally equivalent)と呼ぶ。

自然変換に対して、日本人の名前が入った重要な命題がある。

定理 (米田*1補題{ C }を圏とし、{ A }をその対象とする。{ F:C\rightarrow\mathrm{set} }は函手とする。このとき{ \mathrm{Mor}_{C}(A, -) }から{ F }への自然変換{ \tau=(\tau_{X}:\mathrm{Mor}_{C}(A, X)\rightarrow FX) }を集合{ FA }の元{ \tau_{A}(\mathrm{id}_{A}) }に対応させると、これは全単射を与える。特に{ \mathrm{Nat}(\mathrm{Mor}_{C}(A, -), F) }は集合になる。

(証明){ A\xrightarrow{\phi}B }に対し{ \phi_{\ast}:\mathrm{Mor}_{C}(A, A)\rightarrow\mathrm{Mor}_{C}(A, B) }{ f\mapsto \phi\circ f }により定める。すると{ \tau }は自然変換だから、

{ F\phi\circ\tau_{A}(\mathrm{id}_{A})=\tau_{B}\circ\phi_{\ast}(\mathrm{id}_{A})=\tau_{B}(\phi) }

を得る。別の自然変換{ \sigma=(\sigma_{X}) }に対しても同様だから、{ \tau_{A}(\mathrm{id}_{A})=\sigma_{A}(\mathrm{id}_{A}) }なら{ \tau_{B}(\phi)=\sigma_{B}(\phi) }が成り立つ。故に{ \tau=\sigma }であるので単射であることが分かる。

次に{ x\in FA }に対応する自然変換を求めよう。{ A\xrightarrow{\psi}B }に対し{ \tau_{B}(\psi):=(F\psi)(x) }と定める。実際{ X\xrightarrow{f}Y }に対し、{ F }の函手性より

{ Ff(\tau_{X}(\psi)=Ff(F\psi(x))=F(f\circ\psi)(x)=\tau_{Y}(f\circ\psi)=\tau_{Y}\circ f_{\ast}(\psi) }

が成り立つ。故に{ \tau }は自然変換であり、{ \tau_{A}(\mathrm{id}_{A})=F(\mathrm{id}_{A})(x)=\mathrm{id}_{FA}(x)=x }より全射であることも分かる。{ \square }

{ C }の対象{ A }を集合{ \mathrm{Mor}_{C}(A, -) }に対応させる函手{ C^{\mathrm{op}}\rightarrow \mathrm{Funct}(C, \mathrm{set}) }は忠実かつ充満である。

この系と前の命題により、二章で述べた「自然性」が正当化される。つまり二つの函手{ \mathrm{Hom}(M, -) }及び{ \mathrm{Hom}(N, -) }が函手圏において自然同値であれば加群の圏において{ M }{ N }は同型になる。

ところで射{ X\xrightarrow{f}Y }に対しそれ自身を対応させるような恒等函手{ \mathrm{id}_{C}:C\rightarrow C }を定めることができる。また函手{ F:C\rightarrow D }及び函手{ G:D\rightarrow E }に対し、その合成{ G\circ F:C\rightarrow E }{ X\mapsto FX\mapsto GFX }により定めることができる。ここで圏を対象のように扱うことで、函手は「圏の圏」における射のように思えてくる。「圏の圏」は一般には圏ではないが、圏の文脈を用いて圏の同型を定義することができるように思える。つまり函手{ F:C\rightarrow D }及び函手{ G:D\rightarrow C }が存在して{ G\circ F=\mathrm{id}_{C}, F\circ G=\mathrm{id}_{D} }が成り立つとき、圏{ C }と圏{ D }は圏同型(isomorphic as category)と呼ぶ。ところがこの定義は条件として強すぎて、あまり多くのことが言えないことが知られている。そこで条件を緩めて{ F\circ G:C\rightarrow C }が恒等函手{ \mathrm{id}_{C} }と、{ G\circ F:D\rightarrow D }が恒等函手{ \mathrm{id}_{D} }と、それぞれの函手圏において自然同値であるとき、{ C }{ D }は圏同値(equivalent)であると呼ぶ。

完全函手と三種の加群

定義 { C, D }{ R }-前線型圏、{ F:C\rightarrow D }を函手とする。{ \mathrm{Mor}_{C}(X, Y)\rightarrow\mathrm{Mor}_{D}(FX, FY) }{ R }-加群の準同型となるとき、{ F }{ R }-線型函手(linear functor)と呼ぶ。

{ R }-アーベル圏{ C, D }及び{ R }-線型函手{ F:C\rightarrow D }に対して以下を定める。

  • 完全列を完全列に写すとき{ R }-完全函手、あるいは単に完全函手(exact functor)と呼ぶ。
  • { 0\rightarrow X\rightarrow Y\rightarrow Z }が完全なら{ 0\rightarrow FX\rightarrow FY\rightarrow FZ }も完全であるとき左完全(left exact)であると呼ぶ。
  • { X\rightarrow Y\rightarrow Z\rightarrow 0 }が完全なら{ FX\rightarrow FY\rightarrow FZ\rightarrow 0 }も完全であるとき右完全(right exact)であると呼ぶ。

さて、加群の圏{ R\mathrm{-mod} }を考える。{ S^{-1}- }は完全な共変函手であった。更に次が成り立つのであった。

  • { \mathrm{Hom}_{R}(M, -) }は左完全な共変函手である。つまり{ 0\rightarrow X\rightarrow Y\rightarrow Z }が完全なら{ 0\rightarrow\mathrm{Hom}(M, X)\rightarrow\mathrm{Hom}(M, Y)\rightarrow\mathrm{Hom}(M,Z) }も完全である。
  • { \mathrm{Hom}_{R}(-, N) }は左完全な反変函手である。つまり{ 0\leftarrow X\leftarrow Y\leftarrow Z }が完全なら{ 0\rightarrow\mathrm{Hom}(M, X)\rightarrow\mathrm{Hom}(M, Y)\rightarrow\mathrm{Hom}(M,Z) }も完全である。
  • { -\otimes_{R}N }は右完全な共変函手である。つまり{ X\rightarrow X\rightarrow Y\rightarrow Z\rightarrow 0 }が完全なら{ X\otimes N\rightarrow Y\otimes N\rightarrow Z\otimes N\rightarrow 0 }も完全である。

我々は、これらを完全にする加群に興味がある。

定義 以下を定める。

  • { \mathrm{Hom}_{R}(P, -) }が完全であるとき{ P }は射影的(projective)であると呼ぶ。
  • { \mathrm{Hom}_{R}(-, I) }が完全であるとき{ I }は入射的(injective)であると呼ぶ。
  • { -\otimes_{R}T }が完全であるとき{ T }は平坦(flat)であると呼ぶ。

*1:米田信夫(1930-1996)

32.5(コ)ホモロジー

目次

アーベル圏における蛇の補題の証明は長くなりそうなので、別の場所に写すことにした。

(コ)ホモロジーの長完全系列

先に示した蛇の補題がどのような場面で使われるのかを見ながら、これから我々が考えていく対象について確認しておこう。

{ R }に対し、{ R }-加群の中で最も基本的なものとして自由加群{ R^{\Lambda} }を挙げた。その理由としては、任意の{ R }-加群{ M }に対し、適当な自由加群{ F }を取り全射{ \epsilon:F\rightarrow M }が作れるからである。特に核を{ K }と置くと、準同型定理より{ M\cong F/K }が成り立つ。これを完全列の言葉で書き直すと

{ 0\rightarrow K\rightarrow F\rightarrow M\rightarrow 0 }

は完全となる。ここで{ F }は「{ M }の元のコピー」であり、{ K }はそれらの間の「関係」を表している。

ところで{ K }自身もやはり{ R }-加群なので、再び自由加群{ F_{1} }を取り、全射{ d_{1}:F_{1}\rightarrow K }が得られる。{ \mathrm{Im}d_{1}=K=\mathrm{Ker}\epsilon }だから、

{ 0\rightarrow\mathrm{Ker}d_{1}\rightarrow F_{1}\xrightarrow{d_{1}} F\xrightarrow{\epsilon} M\rightarrow 0 }

は完全となる。この作業を繰り返していけば、任意の長さの自由加群による完全系列

{ F_{n}\xrightarrow{d_{n}}F_{n-1}\xrightarrow{d_{n-1}}\dotsb\rightarrow F_{1}\xrightarrow{d_{1}}F\xrightarrow{\epsilon}M\rightarrow 0 }

を得ることができる。得られた系列は「関係」つまり{ M }の内部構造を反映したものではあるが、自由加群の取り方に依るため{ M }のみに注目していただけでは得られないある種の「{ M }のデータ」である。もちろんこの例は素朴過ぎて、新しい情報は何も得ることは出来ないだろう。しかし、このようなデータを集めれば、{ M }について何か言えるかもしれない。そう考えるのは自然なはずだ。

定義 加群の系列

{ \dotsb\rightarrow C_{n+1}\xrightarrow{d_{n+1}}C_{n}\xrightarrow{d_{n}}C_{n-1}\rightarrow\dotsb }

{ d_{n}\circ d_{n+1}=0 }を満たすとき、鎖複体(chain complex)あるいは単に複体と呼び{ C=(C_{n}, d_{n}) }{ C. }などと表す。このとき各{ C_{n} }を鎖あるいはチェイン(chain)と呼び、{ Z_{n}( C ):=\mathrm{Ker}d_{n} }を輪体あるいはサイクル(cycle)、{ B_{n}( C ):=\mathrm{Im}d_{n+1} }を境界輪体あるいは単に境界やバウンダリー(boundary)などと呼ぶ。そして{ H_{n}( C ):=Z_{n}( C )/B_{n}( C ) }を({ n }次)ホモロジー(homology)と呼ぶ。複体が完全とは、全てのホモロジーがゼロとなることを意味する。

我々は無限列について考えることにする。先の例では、自由加群による完全系列を任意の長さで構成できることは主張していたが、無限列の存在までは主張していない。これにはクラスに対する依存選択公理など超限的な操作が必要になる。しかし例えば{ R }ネーター環の場合、{ M }が有限生成なら{ F }として有限次元({ R }の有限個の直和)なものが取れる。その部分加群もまた有限次元であるから、{ K }の次元は{ F }の次元より小さくなる。従って少なくとも{ F_{n}=0 }が従うように系列が取れて無限列

{ \dotsb\rightarrow 0 \xrightarrow{0}F_{n}\rightarrow\dotsb\rightarrow F_{1}\rightarrow M\rightarrow 0 \rightarrow 0\rightarrow\dotsb }

が完全となる。

定義 複体{ A=(A_{n}, a_{n}), B=(B_{n}, b_{n}) }に対し、準同型の組{ f=(f_{n}:A_{n}\rightarrow B_{n}) }{ A }{ B }の間の射であるとは、{ f_{n}\circ a_{n+1}=b_{n+1}\circ f_{n+1} }を満たすことをいう。

すぐに確認できることだが、対象を複体、射を複体の間の射とすることで圏の公理を満たす。これを{ R }-加群の複体の圏と言い{ \mathrm{ch}(R\mathrm{-mod}) }と表す。ちなみにこれはアーベル圏となり、零対象は

{ \dotsb 0\rightarrow 0\rightarrow 0 \rightarrow \dotsb }

である。{ f:A\rightarrow B }の核などが

{ \dotsb \rightarrow \mathrm{Ker}f_{n} \rightarrow \mathrm{Ker}f_{n-1} \rightarrow\dotsb }

などとなるが、言葉として用いたいだけなので確認する必要はないだろう。

定理 ホモロジーの長完全系列) 複体の系列{ 0\rightarrow C\xrightarrow{f}D\xrightarrow{g}E\rightarrow 0 }は完全であるとする。つまり

{ 0\rightarrow C_{n}\xrightarrow{f_{n}}D\xrightarrow{g_{n}}E\rightarrow 0 }

{ R }-加群の完全系列であるとする。このとき

{ \begin{align*} \dotsb &\rightarrow H_{n}( C )\rightarrow H_{n}(D)\rightarrow H_{n}(E) \\
& \xrightarrow{\delta}H_{n-1}( C )\rightarrow H_{n-1}(D)\rightarrow H_{n-1}(E) \\
& \rightarrow\dotsb \end{align*} }

を完全とする準同型{ \delta: H_{n}(E)\rightarrow H_{n-1}( C ) }が存在する。

(証明)次の可換図式

{ \begin{align*} 0\rightarrow & C_{n} & \rightarrow & D_{n} & \rightarrow & E_{n} & \rightarrow & 0 \\ & \downarrow & & \downarrow & & \downarrow & & \\ 0 \rightarrow & C_{n-1} & \rightarrow & D_{n-1} & \rightarrow & E_{n-1} & \rightarrow & 0 \end{align*} }

に蛇の補題を用いれば完全列

{ 0\rightarrow Z_{n}( C )\rightarrow Z_{n}(D)\rightarrow Z_{n}(E) }

及び

{ C_{n-1}/B_{n-1}( C )\rightarrow D_{n-1}/B_{n-1}(D)\rightarrow E_{n-1}/B_{n-1}(E)\rightarrow 0 }

を得る。これを{ \overline{c_{n}}:C_{n}/B_{n}( C )\rightarrow Z_{n-1}( C ) }などで繋いで、再び蛇の補題を用いれば{ \mathrm{Ker}\overline{c_{n}}=Z_{n}( C )/B_{n}( C )=H_{n}( C ) }及び{ \mathrm{Cok}\overline{c_{n}}=Z_{n-1}( C )/\mathrm{Im}\overline{c_{n}}=Z_{n-1}( C )/B_{n-1}( C )=H_{n-1}( C ) }などより求めたい長完全系列を得る。{ \delta }はこの連結準同型である。{ \square }

所感

単体的複体とかから導入してもいいけど、位相的な話題は全然やってないからなぁ、どうするか。