読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

ざっくり学ぶ可換環論

また動画でも作ろうかと思い立ち、流石に無計画過ぎた前回を反省して事前に準備をしていこうかなと思います。意外に再生されてるので需要はゼロではないはず。題材は可換環論にしようと考えていますが、ゴールの設定はどこにしようか……。個人的な試みとして、イデアル論的な話(内部構造)と加群ホモロジー代数)的な話(外部表現)を並行して述べたら面白いんじゃないかと考えていて、それを実践してみようという感じです。自分の勉強も兼ねてですが。

現在は7回分の原案が出来ていて、次の投稿から1回分ずつ解説記事を挙げる予定です。動画作りはその後です。動画は例を中心にして、恐らく飛ばすであろう証明は解説記事で行うことで住み分けできると考えています。

AC, DCを使う欲求に駆られる…どのタイミングで入れようか。

底本というかネタ本は以下の通り。

[1] M.F.Atiyah, I.G.MacDonald. Introduction to Commutative Algebra.
[2] 桂利行. 代数学I 群と環.
[3] 後藤四朗, 渡辺敬一. 可換環論.

数学界の「薄い本」アティマク Is GODは明白として値段は頭おかしい(これは褒め言葉ではない)。和訳も出ていて聞くところによると解答付きでお買い得らしい。

次はpdfでネットで拾える。ぐぐれ

[4] Pete L.Clark. Commutative Algebra. 
[5] The CRing Project.
[6] Stack Project. Commutative Algebra.

命題は上記から適当にパクっ…引用します。なるべく原典の情報を載せるつもりです。オリジナルの結果なんてあるわけないです。証明とかは違うかもしれないけど。まあ5と6は辞書なので、困ってもこれさえあれば何とかなる気がします。