読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

30.埋め込み

目次

議論の流れが悪いので、PDFでは前回と合わせて並び替えをするかも。

埋め込みと分離拡大

有限次ガロア拡大の理論は、分離性と正規性という二つの言葉で表された。分離性とは最小多項式が重根を持たないことであり、正規性はその根を全て含むということであった。両者が合わさることで体の自己同型は根を根に写す写像と対応し、部分群と部分体の間の一対一の相互対応を得ることができた。

ここで正規性を外してみよう。このとき根を根に写す写像は必ずしも自己同型とはならないが、代数閉包への埋め込み(基礎体を固定する単射な準同型)になる。実はその個数に対する議論は、これまで述べてきたような議論の枠組みを超えない。つまり、分離拡大を埋め込みにより捉えなおすことができる。

以下{ K }を体、{ \overline{K} }をその代数閉包、{ L }を中間体とする。{ L }{ K }上の埋め込み({ \overline{K} }への{ K }上自明な単射準同型)全体を{ \mathrm{Emb}_{K}(L, \overline{K}) }と表す。

補題 { L/K }は有限次拡大とする。以下は同値である。

  • { L/K }は分離拡大である。
  • { \sharp\mathrm{Emb}_{K}(L, \overline{K})=\mathrm{dim}_{K}L }が成り立つ。

(証明){ L/K }が有限次分離拡大なら単拡大となるので{ \theta\in L }を用いて{ L=(\theta)_{\overline{K}/K} }と表せる。{ p:=\mathrm{min}_{K}\theta }をその最小多項式とすると、{ \overline{K} }において{ p=\prod_{i=1}^{n}(X-\theta_{i}) }と表せる。(但し{ \theta_{i}\in\overline{K}, \theta_{1}=\theta, n=\mathrm{deg}p=\mathrm{dim}_{K}L }とする。){ p }の最小分解体を{ E }とすれば、延長定理より{ K }上自明な{ \theta }{ \theta_{i} }に写す同型{ \sigma_{i}:E\rightarrow E }が存在する。これは{ E }の埋め込みと見なせるが、逆に埋め込み{ \sigma\in\mathrm{Emb}_{K}(E, \overline{K}) }に対して{ \theta^{\sigma} }{ p }の根だから、結局{ E }の埋め込みは{ \sigma_{1}, \dotsc, \sigma_{n} }しかない。ここで{ L }の埋め込み{ \tau\in\mathrm{Emb}_{K}(L, \overline{K}) }を取ると、{ \theta^{\tau} }もやはり{ p }の根であり、逆に{ \theta^{\sigma} }を決めれば埋め込みが得られる。よって埋め込みは{ \sigma_{i}|_{L} }の何れかとなり、その個数は{ n=\mathrm{dim}_{K}L }に一致する。

{ \alpha\in L }とする。{ F:=(\alpha)_{\overline{K}/K} }と置き、{ F }の埋め込みの個数を{ r_{\alpha}:=\sharp\mathrm{Emb}_{K}(F, \overline{K}) }とする。これは{ \mathrm{id}_{K} }の延長なので、その個数は{ \mathrm{dim}_{K}F }以下となる。これが等しいことを示すため、未満であると仮定する。以下の図式を考えると、埋め込み{ \sigma:F\rightarrow\overline{K} }に対し、その延長の個数は{ \mathrm{dim}_{F}L }以下となる。よって

{ \begin{align*} \sharp\mathrm{Emb}(L, \overline{K}) & \le r_{\alpha}\mathrm{dim}_{F}L \\ & \lt \mathrm{dim}_{K}F\cdot\mathrm{dim}_{F}L \\ &= \mathrm{dim}_{K}L \end{align*} }

となり矛盾する。一方{ p_{\alpha}:=\mathrm{min}_{K}\alpha }を最小多項式とする。{ \mathrm{dim}_{K}F=\mathrm{deg}p_{alpha} }であり、その相異な根を{ \alpha_{1}=\alpha, \dotsc, \alpha_{s} }とすれば、{ F }の埋め込みは{ \alpha }の行き先で決まる。つまり{ s }個あるのだが、

{ s=r_{\alpha}=\mathrm{dim}_{K}F=\mathrm{deg}p_{\alpha} }

より、{ p_{\alpha} }の次数と一致する。これは{ p_{\alpha} }が重根を持たないことを意味する。故に{ L/K }は分離拡大であることが分かる。{ \square }

定理 (分離拡大の推移性) { \overline{K}/E/F/K }を体の拡大とする。以下は同値である。

  • { E/K }は分離拡大である。
  • { E/F }及び{ F/K }は分離拡大である。

(証明)まず{ F/K }が分離拡大であることは定義より明白だろう。{ \alpha\in E }として、その{ F }上の最小多項式{ p=\mathrm{min}_{F}\alpha }とする。更に{ K }上の最小多項式{ q=\mathrm{min}_{K}\alpha }とすれば、{ E/K }の分離性より{ q }は重根を持たない。ところで因数定理より{ p|q }{ F\lbrack X \rbrack }で成り立つから{ p }も重根を持たないことが分かる。故に{ E/F }も分離的である。

{ E/F, F/K }が分離拡大とする。{ \alpha\in E }とすれば、{ F }上分離的なので、最小多項式{ p:=\mathrm{min}_{F}\alpha=X^{n}+a_{n-1}X^{n-1}+\dotsb+a_{0} }は重根を持たない。ここで{ L:=(a_{0}, \dotsc, a_{n-1})_{\overline{K}/K} }と定める。{ p\in L\lbrack X \rbrack }と見なせば、{ \alpha }{ L }上分離的でもあることが分かる。{ F:=(\alpha)_{\overline{K}/L} }と置けば、先の補題の証明と同様にして{ \sharp\mathrm{Enb}_{L}(F, \overline{K})=\mathrm{dim}_{L}F }を得る。*1また{ F/K }が分離拡大なので、{ L/K }も分離拡大となる。{ L/K }は有限次拡大だから、{ \overline{K}/L/K }に先の補題を適応すれば{ \mathrm{Emb}_{K}(L, \overline{K})=\mathrm{dim}_{K}L }となる。従って

{ \begin{align*} \sharp\mathrm{Emb}_{K}(F, \overline{K}) &= \sharp\mathrm{Emb}_{K}(L, \overline{K})\cdot\sharp\mathrm{Emb}_{L}(F, \overline{K}) \\ &=\mathrm{dim}_{K}L\cdot\mathrm{dim}_{L}F \\ &= \mathrm{dim}_{K}F \end{align*} }

となる。{ F/K }は有限次拡大だから、再び補題より{ F/K }は分離拡大である。つまり{ \alpha }{ K }上分離的である。これが任意に言えるので{ E/K }の分離性が従う。{ \square }

ちなみに正規性も埋め込みの言葉で述べることができる。

命題 { L/K }は有限次拡大、{ E }をその中間体とする。{ L/K }が正規拡大なら{ L/E }も正規拡大である。({ E/K }が正規とは限らない。)

(証明)正規拡大の特徴付けを利用すればよい。{ L }はある多項式{ f\in K\lbrack X \rbrack }の最小分解体となるが、{ f\in L\lbrack X \rbrack }と見なせば、やはりその最小分解体であるから{ L/E }の正規性が従う。{ \square }

定理 以下は同値である。

  • { L/K }は正規拡大である。
  • { \phi\in\mathrm{Emb}_{K}(L, \overline{K}) }に対し{ \phi(L)=L }が成り立つ。

(証明){ L }がある多項式の最小分解体であるなら、埋め込み{ \phi }は根を根に写す。従って{ \phi(L)\subset L }でなければならないが、単射性と次元を考慮すればこれは一致する。

逆を示そう。{ \alpha\in L }の最小多項式{ p:=\mathrm{min}_{K}\alpha }を取る。延長定理より、任意の根{ \beta }に対して同型{ (\alpha)_{\overline{K}/K}\rightarrow (\beta)_{\overline{K}/K} }が取れる。その延長として{ \phi:L\rightarrow\overline{K} }を得ることができるが、仮定より{ \phi(L)=L }なので{ \beta\in L }が従う。故に{ L/K }は正規拡大である。{ \square }

ガロア対応の積構造

上記の結果を応用して、有限次ガロア拡大に対するガロア対応をより詳しく調べてみよう。ここではその積構造に着目してみたい。以下再び{ K }を体、{ \overline{K} }をその代数閉包、{ E, F }をその中間体とする。

まず{ E/K, F/K }は代数拡大なので、その積もまた代数的であり、従って可逆となる。つまり{ EF }は体を為すことに注意する。

命題 { F/K }が有限次ガロア拡大のとき、{ EF/K, F/E\cap F }も有限次ガロア拡大となる。更に自己同型群{ \mathrm{Aut}EF/E }及び{ \mathrm{Aut}F/E\cap F }は、制限写像{ \mathrm{res}:\sigma\mapsto\sigma_{F} }により同型となる。

(証明){ F/E\cap F }が有限次ガロア拡大であることは明らかだろう。{ F/K }は有限次分離拡大なので、{ \theta\in F }が存在して{ F=(\theta)_{\overline{K}/K} }と表せる。{ EF=(\theta)_{\overline{K}/E} }より、{ EF/E }は有限次拡大である。特徴付けより{ F }はある分離多項式{ f\in K\lbrack X \rbrack }の最小分解体であるが、{ f\in E\lbrack X \rbrack }と見なせば{ EF }{ f }の最小分解体となる。(そうでなければ、{ E }との共通部分を取ることで{ F }の真の部分体で分解体となるものが存在する。)よって{ EF/E }ガロア拡大となる。

制限写像{ \mathrm{res}:\mathrm{Aut}EF/E\rightarrow\mathrm{Aut}F/E\cap F }が群の準同型を与えることは良いだろう。{ \sigma|_{F}=\mathrm{id}_{F} }とする。{ \sigma\in\mathrm{Aut}EF/E }より{ \sigma|_{E}=\mathrm{id}_{E} }である。よって{ \sigma|_{EF}=\mathrm{id}_{EF} }を得る。故に単射性が従う。像を{ H:=\mathrm{Im}\mathrm{res} }とすれば、{ \mathrm{Aut}F/E\cap F }の部分群を得るが、

{ F^{H}=F^{\mathrm{Aut}EF/E}\cap F=E\cap F }

より{ H=\mathrm{Aut}F/E\cap F }となり全射性も得る。{ \square }

命題 { E/K, F/K }が有限次ガロア拡大のとき、{ EF/K, E\cap F/K }も有限次ガロア拡大となる。このとき制限の積により定まる群の準同型

{ \pi:\mathrm{Aut}EF/K\rightarrow\mathrm{Aut}E/K\times\mathrm{Aut}F/K }

単射となる。更に以下は同値となる。

  • { \pi }は同型となる。
  • { E\cap F=K }である。

(証明)先の命題より、{ F/K }が有限次ガロア拡大であるから{ EF/E }も有限次ガロア拡大(特に分離拡大)となる。{ EF/F }も有限次ガロア拡大(特に分離拡大)だから、推移性より{ EF/K }は有限次分離拡大となる。正規性に関しては埋め込みによる特徴付けを考えるとよい。{ \phi\in\mathrm{Emb}_{K}EF }に対し、その{ E, F }への制限もやはり埋め込みを与える。{ E/K, F/K }は正規拡大だから{ \phi(E)=E, \phi(F)=F }が成り立つ。故に{ \phi(EF)\subset EF }となる。一方{ EF }の元は{ E }{ F }の元の有限和で表されるから{ \phi(EF)\supset EF }も従い一致する。故に{ EF/K }は正規拡大であり、上と合わせてガロア拡大となる。

{ \alpha\in E\cap F }の最小多項式{ p:=\mathrm{min}_{K}\alpha }に対し、{ E, F }はそれぞれ{ p }の根を全て含む。従って{ E\cap F }もその根を全て含むので{ E\cap F }は正規拡大である。また分離性は{ E/K }の分離性より従うので、{ E\cap F/K }ガロア拡大であることが分かる。

{ \pi }単射性は先ほどと同様に示すことが出来る。

{ E\cap F\neq K }のとき、{ \mathrm{Aut}E\cap F/K }は非自明なので{ \sigma, \tau\in\mathrm{Aut}E\cap F/K, \sigma\neq \tau }が取れる。それぞれの延長として{ \sigma^{\prime}\in\mathrm{Aut}E/K, \tau^{\prime}\in\mathrm{Aut}F/K }を取れば、{ \sigma^{\prime}|_{E\cap F}\neq \tau^{\prime}|_{E\cap F} }が成り立つ。従って{ (\sigma, \tau) }{ \pi }の像となり得ない。また{ \pi }全射でないなら、このような{ \sigma^{\prime}, \tau^{\prime} }が取れるが、{ K }の元を固定するので{ E\cap F\neq K }を得る。以上により同値であることが分かる。{ \square }

前節の追記

{ k }を体、{ \overline{k} }をその代数閉包、{ K, L }を中間体とする。

補題 { L/K }は体の拡大とする。モニックな既約多項式{ f\in K\lbrack X \rbrack }に対し、{ f=\prod f_{i}^{e_{i}} }{ L\lbrack X \rbrack }において相異な既約元の積に分解できるとする。このとき{ L }-代数としての同型

{ K\lbrack X \rbrack/\langle f\rangle_{K\lbrack X \rbrack}\otimes L\cong\prod L\lbrack X \rbrack/\langle f_{i}^{e_{i}} \rangle_{L\lbrack X \rbrack} }

が成り立つ。

(証明){ K\lbrack X \rbrack\otimes_{k}L\cong L\lbrack X \rbrack }より{ K\lbrack X \rbrack/\langle f \rangle\otimes L\cong L\lbrack X \rbrack/\langle f \rangle }となる。{ L\lbrack X \rbrack\rightarrow \prod L\lbrack X \rbrack/\langle f_{i}^{e_{i}} \rangle }の核が{ \langle f \rangle }となることは直ぐわかる。{ \square }

定理 { K/k }は有限次ガロア拡大とする。以下は同値となる。

  • { K }{ L }は線型無関連である。
  • { K\cap L=k }が成り立つ。

(証明){ K=(\theta)_{\overline{k}/k} }と表せるので、{ p=\mathrm{min}_{k}\theta }を最小多項式とする。制限写像により{\mathrm{Aut}KL/L\cong\mathrm{Aut}K/K\cap L }が成り立つから、{ K\cap L=k }であることと{ \mathrm{dim}_{L}(KL)=\mathrm{dim}_{k}K }は同値になる。ところが{ KL=(\theta)_{\overline{k}/L} }より、これは{ p }{ L\lbrack X \rbrack }において既約多項式(特に最小多項式)であることと同値になる。{ K\cong k\lbrack X \rbrack/\langle p \rangle }であることに注意すれば、補題より{ K\otimes_{k}L\cong L\lbrack X \rbrack/\langle p \rangle\cong KL }を得る。これは{ K }{ L }が線型無関連であることと同値になる。{ \square }

なお、Cohnに依れば、上の条件はもっと弱くすることができて、{ K/k }または{ L/k }の一方が分離拡大で、一方が正規拡大(定理のように、一方が分離かつ正規でもよい)のとき、{ K\cap L=k }と線型無関連は同値になるらしい。

所感

しまった{ \pi }の日ネタをやるのを忘れた。これで3章、同型とガロア対応は終わりになります。やってない話題は多いけど、取りあえず先に進むことにします。

*1:{ F/L }が分離拡大かどうかは今は分からないことに注意。