arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

加群の剰余とテンソル積

2年前に考えていた疑問をずっと放置していたのが、昨日の夜に考えたら、ふと反例が出たという話。

arxiv.hatenablog.com

可換環{ R }上の加群{ M, N }の部分加群{ M^{\prime}, N^{\prime} }について、

{ ( M\otimes N )/( M\otimes N^{\prime}+M^{\prime}\otimes N )\cong( M/M^{\prime} )\otimes( N/N^{\prime} ) }

が成り立つか否か。

この形の命題はたまに使われていて、{ R=k }が体のときや、加群ではなくてイデアルのときは成り立つので実用上は問題ない。桂利行「代数学II」には43ページの(IV)に一般の場合の証明が載っているのだが、個人的に納得できずにいた。

以下{ L=M\otimes N^{\prime}+M^{\prime}\otimes N }とする。

反例

{ R=\mathbb{Z} }として、{ M=\mathbb{Z}, N=\mathbb{Z}/2\mathbb{Z} }とする。{ M^{\prime}=2\mathbb{Z}, N^{\prime}=0 }とする。

{ M\otimes N=\mathbb{Z}\otimes( \mathbb{Z}/2\mathbb{Z} ) }の元は{ n\otimes 1 }の形の和であるが、{ 3\otimes 1=1\otimes 1+2\otimes 1=1\otimes 1 }のように計算すれば、ゼロでない元は{ 1\otimes 1 }しかない。

では{ L }はどうかというと、{ L=\mathbb{Z}\otimes 0+2\mathbb{Z}\otimes( \mathbb{Z}/2\mathbb{Z} )=2\mathbb{Z}\otimes( \mathbb{Z}/2\mathbb{Z} ) }より、ゼロでない元は{ 2\otimes 1 }しかない。

ん? これって部分加群じゃないよね?

要するに包含{ M^{\prime}\rightarrow M }から誘導される{ \alpha\colon M^{\prime}\otimes N\rightarrow M\otimes N }単射でないことが問題となる。実際{ \mathrm{Im}\alpha }を考えると、{ 2\mathbb{Z}\otimes( \mathbb{Z}/2\mathbb{Z} )\rightarrow \mathbb{Z}\otimes( \mathbb{Z}/2\mathbb{Z} ) }は恒等的にゼロだから{ \mathrm{Im}\alpha=0 }となる。同様に{ \beta\colon M\otimes N^{\prime}\rightarrow M\otimes N }も考えられるが、今回は{ 0\rightarrow 0 }なので関係ない。そして、{ L }の代わりに{ L^{\prime}:=\mathrm{Im}\alpha+\mathrm{Im}\beta }とすれば、

{ ( M\otimes N )/L^{\prime}=( \mathbb{Z}\otimes( \mathbb{Z}/2\mathbb{Z} ) )/( 0 )=\lbrace 0, 1\otimes 1 \rbrace }

となる。右辺は

{ ( M/M^{\prime} )\otimes ( N/N^{\prime} )=( \mathbb{Z}/2\mathbb{Z} )\otimes( ( \mathbb{Z}/2\mathbb{Z} )/( 0 ) )=\lbrace 0, 1\otimes 1 \rbrace }

なので、

{ ( M\otimes N )/L^{\prime}\cong ( M/M^{\prime} )\otimes( N/N^{\prime} ) }

は成立する。

備考

じゃあなんで{ R=k }が体なら成り立つかというと、それはベクトル空間{ V }テンソル積は、{ V }の基底のテンソル積が基底になるからで、上の写像が常に単射になる。

平坦性はこういうところに出てくるんだなと。

数学サイトリンク集

ますだらにページを追加

https://mathdala.netlify.com/Links

ブラウザのブックマークからいくつか抜粋してリンク集を作りました。他にもこんなサイトがあるよ、とかここが熱い、とかあったらコメントやマストドンで教えてください。あと一応、個人用です。

代数体のガロア理論

ますだらを更新しました。

https://mathdala.netlify.com/Galois/GaloisIntro

古典的なガロア理論を代数体に制限して解説してみました。分かってる人だけが読める文章な気がしないでもないですが、見通しは良くなったのではないでしょうか。議論の流れが良く分からないという人は参考にしてみてください。基礎体{ k=\mathbb{Q} }は外せるように書いたので、本質的に標数0の有限次拡大まで言えるかな? というか以前書いた「ざっくり環論」に誤りを見つけてしまい、どう修正しようか少し悩みました。

元々数学サイトを作るためのテストデータとして書いたのですが、これだけの分量になるとブラウザでの表示に時間が少しかかりますね。特に初回はKaTeXの準備も影響ありそうです。それ以上に深刻なのはVSCodeでのプレビュー描画で、徐々に重くなり、最終的には更新に数秒のラグが生じていました。なので、分割していくつかの記事に分ける方が管理しやすいのかなと思いました。この想定でウェブを作って良ければなと思います。(技術力があれば。)