arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

循環小数の2つの周期列に関する恒等式(Midy-Lewittesの定理)について

有理数の小数展開も面白いという話を小耳にはさみ、Midyの定理を知り、その過程でLewittesの論文を読んだのでその読書感想文。

有理数を小数展開すると循環小数になる。例えば

{ \displaystyle \frac{1}{7}=0.142857142857\cdots=0.\overline{142857} }

のように、小数点以下に現れる数字が一定の周期を持つ。もちろん

{ \displaystyle \frac{1}{5}=0.2, \quad \frac{5}{12}=0.41666=0.41\overline{6} }

など、有限で終わったり、小数第一位から循環しない有理数もある。しかし今はこれらの例外については考えないことにしよう。実の所、これらは我々が偶々10進法を用いているための例外であって、一般には適当な{ B }進法で循環小数になる。

現れる数字を観察すると興味深い考察ができる。{ \frac{1}{7} }の循環列の周期は{ 6 }である。そこで{ 3 }桁ずつ区切って足すと

{ 142+857=999 }

と9が連続する。偶々かもしれないので他の数字についても考えよう。{ \frac{1}{13}=0.\overline{076923} }だから{ 76+923=999 }である。{ \frac{1}{17}=0.\overline{0588235294117647} }だから{ 5882352+94117647=99999999 }である。分母や分子を変えて色々計算してみると良い。{ \frac{1}{21}=0.\overline{047619} }のように常に9が連続するわけではないが、何らかの法則はありそうだ。

考察する対象を明確にしよう。我々は有理数{ \frac{x}{N} }{ B }進法による小数展開を調べたい。ここで{ x, N, B }は正の整数であり、{ x, N }は互いに素としてよい。また{ B, N }も互いに素としてよい。実際{ N=N^{\prime} d }として{ N^{\prime}, B }は互いに素で、素数{ p }について{ p|d }なら{ p|B }が成り立つように取る。このとき{ k }が十分大で{ d|B^{k} }となり、

{ \displaystyle \frac{x}{N}=\frac{x}{N^{\prime}}\frac{B^{k}}{dB^{k}}=\frac{1}{B^{k}}\left(\frac{x^{\prime}}{N^{\prime}}\right) }

を得る。結局{ \frac{x^{\prime}}{N^{\prime}} }の小数展開を右にシフトしたものとなる。更に小数部分のみを考えるために{ 0\lt\frac{x}{N}\lt 1 }としてよい。なぜなら{ x=qN+r\,( 0\le r\lt N ) }とすれば{ \frac{x}{N}=q+\frac{r}{N} }であり、また{ r, N }は互いに素となるからである。

さて、小数展開はどのように計算しただろうか。{ \frac{x}{N}=0.q_{1}q_{2}q_{3}\dotsb }で表される小数展開は

{ \displaystyle \frac{x}{N}=q_{1}\frac{1}{B}+q_{2}\frac{1}{B^{2}}+q_{3}\frac{1}{B^{3}}+\dotsb }

が成り立つことを意味している。筆算を思い出せば、{ q_{i} }達の生成式は次のようになる。

命題 { 0\lt x \lt N }とする。{ x, N }及び{ B, N }は互いに素とする。

{ x_{1}=x, \quad x_{n}B=q_{n}N+x_{n+1}\,( 0\le x_{n+1}\lt N )\,( n\ge 1 ) }

とする。このとき{ 0\lt x_{n}\lt N, 0\le q_{n}\lt B }が成り立ち、{ x_{n}, N }は互いに素である。また級数{ \sum_{n}q_{n}\frac{1}{B^{n}} }{ \frac{x}{N} }に収束する。

(証明)帰納法で示そう。{ q_{n}\ge 0 }となることは良いだろう。実際負とすると{ x_{n+1}=x_{n}B+( -q_{n} )N\ge N }となり、{ x_{n+1} }の取り方に矛盾する。さて{ n=1 }のとき、{ 0\lt x \lt N }より{ 0\lt xB \lt BN }である。{ x_{2}\ge 0 }だから{ q_{1}\lt B }でなければならない。次に{ n\ge 1 }について成り立つと仮定する。

{ x_{n}B=q_{n}N+x_{n+1} }

だから{ x_{n+1}=0 }とすると{ x_{n}B=q_{n}N }となり、{ x_{n}, N }及び{ B, N }が互いに素であることに矛盾する。また{ x_{n+1}, N }が共通素因子{ p }を持てば、{ p|x_{n}B }となり同様に矛盾する。{ q_{n+1}\lt B }{ n=1 }の場合と同様に分かる。以上により{ n+1 }のときも成立する。

級数の収束は

{ \displaystyle \frac{x}{N}=\sum_{i=1}^{n}q_{i}\frac{1}{B^{i}}+\frac{x_{n+1}}{NB^{n}} }

より従う。{ \square }

以下では命題の条件を満たす{ ( x, N, B ) }についてのみ考える。

{ x_{n} }の取れる範囲は有限なので、数列{ ( x_{n} ), ( q_{n} ) }はある{ n }から周期的になる。ここで生成式より{ \mod{N} }{ x_{n+1}\equiv Bx_{n}\equiv\dotsb\equiv B^{n}x }が分かる。今{ B, N }は互いに素だから、ある{ e\ge 1 }{ B^{e}\equiv 1 }となる。よって{ x_{e+1}\equiv x_{1} }となるが、{ x_{n} }の範囲を考えれば{ x_{e+1}=x_{1} }でなければならない。つまり純周期的となる。故に{ q_{n} }も純周期的である。このような最小の{ e }循環小数の周期と呼び、このとき

{ \displaystyle \frac{x}{N}=0.\overline{q_{1}\dotsm q_{e}} }

などと表す。特に{ q_{1}\dotsm q_{e} }を循環列とも呼ぶ。{ e }{ B }{ N }で決まるので、分子に依らず{ e }は等しい。

最初の例では循環列を2分したが、一般に{ d }個のブロックに分けよう。それぞれは{ k }個ずつとして、{ e=dk }が成り立つとする。このとき第{ j\,( 1\le j \le d ) }ブロックについて、表示の{ B }進値は

{ q_{( j-1 )k+1}B^{k-1}+q_{( j-1 )k+2}B^{k-2}+\dotsm+q_{jk}=:Q_{j} }

となる。ここで{ k }本の生成式

{ \begin{alignedat}{1} Bx_{( j-1 )k+1}&=q_{( j-1 )k+1}N+x_{( j-1 )k+2}, \\ \vdots & \\ Bx_{jk} &= q_{jk}N+x_{jk+1} \end{alignedat} }

を整理すれば

{ B^{k}x_{( j-1 )k+1}=Q_{j}N+x_{jk+1} }

を得る。{ 1\le j \le d }について和を取れば

{ \displaystyle B^{k}\sum_{j=1}^{d}x_{( j-1 )k+1}=N\sum_{j=1}^{d}Q_{j}+\sum_{j=1}^{d}x_{jk+1} }

となる。{ ( x_{n} ) }は周期的だから左辺の和と、右辺の第2項の和は等しい。よって

{ \displaystyle S_{d}( x ):=\sum_{j=1}^{d}Q_{j}, \quad R_{d}( x ):=\sum_{j=1}^{d}x_{( j-1 )k+1} }

とすれば

{ NS_{d}( x )=( B^{k}-1 )R_{d}( x ) }

が従う。この恒等式が鍵である。

以下{ N }と互いに素な{ N }未満の正の整数全体を{ N^{\ast} }と表す。

定理(Lewittesの定理) { N }及び{ d|e }に対し、以下は同値である。

  • 任意の{ x\in N^{\ast} }について、{ S_{d}( x )\equiv 0\,\mod{B^{k}-1} }が成り立つ。
  • ある{ x\in N^{\ast} }が存在して、{ S_{d}( x )\equiv 0\,\mod{B^{k}-1} }が成り立つ。
  • ある{ x\in N^{\ast} }が存在して、{ R_{d}( x )\equiv 0\,\mod{N} }が成り立つ。
  • { B^{k( d-1 )}+\dotsb+B^{k}+1\equiv 0\,\mod{N} }が成り立つ。

(証明)恒等式より、{ ( B^{k}-1 ) | S_{d}( x ) }なら両辺を{ B^{k}-1 }で割れば{ N | R_{d}( x ) }が分かる。逆に{ N | R_{d}( x ) }なら同様に{ ( B^{k}-1 ) | S_{d}( x ) }も分かる。従って2番目と3番目は同値である。1番目から2番目は自明。また

{ \displaystyle R_{d}( x )=\sum_{j=1}^{d}x_{( j-1 )k+1}\equiv\sum_{j=1}^{d}B^{( j-1 )k}x\,\mod{N} }

より、{ x, N }が互いに素であることから、

{ \displaystyle R_{d}( x )\equiv 0\Leftrightarrow\sum_{j=1}^{d}B^{( j-1 )k}\equiv 0 }

が従う。故に3番目と4番目は同値である。ところが4番の式には{ x }が現れないから、これは任意の{ x\in N^{\ast} }で成り立つ。従って4番目から1番目を得る。{ \square }

定義 上記の何れか(即ち全て)が成り立つとき、{ N }{ d }に関する{ B }-Midy性を持つといい、このような{ N }の全体を{ M_{d}( B ) }で表す。

{ B^{k}-1 }{ N }が互いに素なら、{ N\in M_{d}( B ) }である。

(証明)

{ ( B^{k}-1 )( B^{k( d-1 )}+\dotsb+B^{k}+1 )=B^{e}-1\equiv 0\,\mod{N} }

より従う。

例えば{ d=1\,( k=e ) }のとき、{ M_{1}( B )=\emptyset }である。実際{ R_{1}( 1 )=1\not\equiv 0\,\mod{N} }である。よって考えるべきなのは{ d\gt 1 }の場合である。

命題 { N=p }素数とする。{ e }は偶数とする。このとき{ p\in M_{2}( B ) }である。

(証明){ e=2k }とする。このとき{ k }は周期ではないから{ B^{k}\not\equiv 1\,\mod{p} }である。故に{ B^{k}-1 }{ p }は互いに素なので系より{ p\in M_{2}( B ) }を得る。{ \square }

定理(Midyの定理) { p }素数とする。{ \frac{x}{p}=0.\overline{q_{1}\dotsm q_{e}} }について{ e=2k }とする。このとき循環列の前半と後半の和は{ B^{k}-1 }である。

(証明){ p\in M_{2}( B ) }だから{ B^{k}+1\equiv 0\,\mod{N} }である。よって{ x_{k+1}\equiv B^{k}x\equiv -x\,\mod{N} }となる。ところが{ N^{\ast} }の元で{ -x }と合同なのは{ N-x }のみしかないので、{ x_{k+1}=N-x }が分かる。故に{ R_{2}( x )=x+( N-x )=N }である。恒等式より定理が従う。{ \square }

まとめ

実質的に小学生でも分かるような簡単な計算で、非常に興味深い恒等式と、それに伴う面白い結果が得られた。Lewittesの論文にはより詳細な考察があり、一般の{ d }についてのもう少し深い結果もあるが、基本的には上記の恒等式が全てである。より純代数的な状況で、似たような恒等式があるのかどうか、そこからMidyの定理の拡張のようなものが出てくるかどうか、更に研究してみる価値は充分にあると思う。

[1] Joseph Lewittes. Midy’s Theorem for Periodic Decimals. arXiv:math/0605182v1 [math.NT] 7 May 2006.

所感

クリスマスです。いつの間にやら、このブログを始めて3年が経ちました。石の上にも三年と言いますが、ゲームに勤しんだり、別の事に夢中になって時々席を離れてた為か、まだまだお尻は冷たいままです。冬の寒さに一層冷え込んだかもしれません。そんな未熟な私ですが、今後も変わらずマイペースに学んだことを発信していきたいと思いますので、また来年もどうぞよろしくお願い致します。良いお年を。

ブログをhttps配信に設定しました

ブログの配信方法をhttpsに変更しました。セキュリティのことは良く分かりませんが時世に乗ります。新規に作るとデフォがhttpsになるそうなので。

見れなくなるコンテンツとかは多分無いです。もしお気に入りとかに登録されている方がいらっしゃれば、一応更新しておくとリダイレクトの遅延が無くなって良いかもしれません。

あっ、近日中にちゃんと数学の投稿します。(空いた一か月に目をそらしつつ)

フィボナッチ数はやばい~Zeckendorfの定理とKnuth積~

フィボナッチ数はやばい。とにかくやばい。

一応定義を述べておくと、フィボナッチ数とは

{ \begin{alignedat}{3} F_{0}&=0, &\quad F_{1}&=1, &\quad F_{n}&=F_{n-1}+F_{n-2}\,( n\ge 2 ) \end{alignedat} }

という再帰方程式で定義される自然数の列である。最初の数個を挙げると

{ 0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, \dotsc }

と続いていく。これらの数が非常に多くの性質を持つことは、数学に造詣が深い人ならご存知かと思う。自分はあまり詳しい方ではないのでWikipediaの力を借りると、

フィボナッチ数 - Wikipedia

英語版の方がより詳しいが、どの性質も一記事書けそうなネタになる。ここで更にスクロールしていくと次の一行がしれっと書かれている。

任意の正の整数は、1つ以上の連続しない相異なるフィボナッチ数の和として一意に表すことができる(ゼッケンドルフの定理)。

もう少し精確に書き直すと次のようになる。

定理(Zeckendorf, 1939) 任意の正の整数{ n\in\mathbb{Z}_{\gt 0} }について、ある連続しない整数の増大列{ 2\le c_{0}\ll c_{1}\ll\dotsb\ll c_{k}\,( k\ge 0 ) }が存在して

{ \displaystyle n=\sum_{i=0}^{k}F_{c_{i}} }

を満たす。(ここで{ x\ll y }{ y-x\ge 2 }を意味する。)このような{ c_{i} }の組は一意的である。

右辺の形をZeckendorf和と呼ぶことにする。定理は任意の正の整数がZeckendorf和を一意的に持つことを主張している。

証明は容易で、Wikipediaに乗っている方法でも良いが、Kuo-Jye Chenによる証明を紹介しよう。まず注意として以下は帰納法で簡単に示せる。

  • { n\ge 2 }のとき{ n\le F_{n+1} }が成り立つ。
  • { n\ge 2 }のとき{ F_{n}\lt F_{n+1} }が成り立つ。
  • { n\ge 2 }のとき{ F_{3}+F_{5}+\dotsb+F_{2n-1}=F_{2n}-1 }が成り立つ。
  • { n\ge 1 }のとき{ F_{2}+F_{4}+\dotsb+F_{2n}=F_{2n+1}-1 }が成り立つ。

(証明){ R( n ) }{ n }をZeckendorf和で表す組の個数とする。{ 1=F_{2} }なので{ R( 1 )=1 }は明らかだろう。{ n }のZeckendorf和

{ n=F_{c_{0}}+\dotsb+F_{c_{k}} }

が存在したとする。このとき

{ n-1=( F_{c_{0}}-1 )+F_{c_{1}}+\dotsb+F_{c_{k}} }

となるが、{ c_{0}=2 }のときは

{ n-1=F_{c_{1}}+\dotsb+F_{c_{k}} }

を得る。{ c_{0}\gt 2 }が偶数のときは先の注意より

{ n-1=( F_{3}+\dotsb+F_{c_{0}-1} )+F_{c_{1}}+\dotsb+F_{c_{k}} }

を得る。{ c_{0}\gt 2 }が奇数のときも同様に

{ n-1=( F_{2}+\dotsb+F_{c_{0}-1} )+F_{c_{1}}+\dotsb+F_{c_{k}} }

を得る。どの場合でも右辺は{ n-1 }のZeckendorf和を与えている。従って{ R( n )\le R( n-1 ) }{ n\ge 2 }で成り立つことが分かる。ここで{ n\le F_{n+1} }であり、フィボナッチ数自身はZeckendorf和を与えているから

{ 1\le R( F_{n+1} )\le\dotsb\le R( n )\le\dotsb\le R( 1 )=1 }

が従う。{ \square }

これで正の整数をフィボナッチ数でコード化することができる。Fibonacci codingと呼ばれるそうだが、あまり使われてはいないらしい。これだけでも十分面白いのだが、Knuthは次のようなものを考えた。

定義 正の整数{ n, m }について、Zeckendorf和を

{ \displaystyle \begin{alignedat}{2} n&=\sum_{i=0}^{k}F_{c_{i}}, &\quad m&=\sum_{j=0}^{l}F_{d_{j}} \end{alignedat} }

とする。このときKnuthのcircle積を

{ \displaystyle n\circ m:=\sum_{i=0}^{k}\sum_{j=0}^{l}F_{c_{i}+d_{j}} }

で定める。

この積が可換であることはすぐ分かる。が、Knuthは更に次を示した。

定理 circle積は結合的である。すなわち

{ ( n\circ m )\circ l=n\circ( m\circ l ) }

が成り立つ。

やばい(語彙喪失)

Knuthの証明は直接的だが、個人的にやや難解だと感じる。一般にcircle積の右辺はZeckendorf和になっていない。これをZeckendorf和に直すためにDigit表示してから簡約をするのだが、その終結評価や結合性を示す過程にもやもや感が残る。Knuth的には自明なのだろうが。もっと分かり易い証明は無い物かと探したところ、ありました。以下Pierre Arnouxによる証明を紹介しよう。

まずKnuthと同様にDigit表示の空間{ \mathscr{D} }を考える。これはまあどんなものでも良いが、今回は非負整数の有限列全体としよう。以下Digit表示を{ d=\lbrack d_{n}\dotsm d_{0} \rbrack }などと表す。ここで{ d\in\mathscr{D} }に対し、自然数

{ \displaystyle d_{F}=( d_{n}\dotsm d_{0} )_{F}:=\sum_{i=0}^{n}d_{i}F_{i} }

を対応させる。この対応で、

{ \begin{alignedat}{3} &d_{i}\in\lbrace 0, 1 \rbrace, &\quad &d_{i}d_{i+1}=0, &\quad &d_{0}=d_{1}=0 \end{alignedat} }

より定まるDigit空間の部分集合{ Z\subset\mathscr{D} }の元がZackendorf和を与える。Zeckendorfの定理より、正の整数と{ Z }の元が一対一に対応することが分かる。正の整数{ n }に対応する{ Z }の元をZeckendorf表示を呼び{ n_{Z} }で表す。

写像{ \circ_{Z}\colon Z\times Z\rightarrow\mathscr{D} }

{ \displaystyle d\circ_{Z} e=\lbrack d_{i} \rbrack_{i}\circ_{Z}\lbrack e_{j} \rbrack_{j}:=\left\lbrack \sum_{i+j=n} d_{i}e_{j} \right\rbrack_{n} }

で定める。これはKnuthのcircle積と可換になる。つまり

{ (n_{Z}\circ_{Z}m_{Z})_{F}=n\circ m }

が成り立つ。

Arnouxのアイディアは{ Z }を代数的に捉えることで幾何学的なモデルを構成したことにある。まず写像{ f\colon\mathscr{D}\rightarrow\mathbb{Z}\lbrack X \rbrack / \langle X^{2}-X-1 \rangle }

{ \displaystyle d=\lbrack d_{n}\dotsm d_{0} \rbrack \mapsto d_{X}=( d_{n}\dotsm d_{0} )_{X}:\equiv\sum_{i=0}^{n}d_{i}X^{i} }

で定める。このとき{ \circ_{Z} }{ \mathbb{Z}\lbrack X \rbrack / \langle X^{2}-X-1 \rangle }の積と可換になる。つまり

{ d_{X}e_{X}=( d\circ_{Z}e )_{X} }

が成り立つ。

次の補題が成り立つ。

補題 { f|_{Z}\colon Z\rightarrow \mathbb{Z}\lbrack X \rbrack / \langle X^{2}-X-1 \rangle }単射である。

(証明)帰納法より{ X^{n}\equiv F_{n-1}+F_{n}X }が分かる。従って

{ \displaystyle d_{X}\equiv\sum d{i}X^{i}\equiv\sum d_{i}( F_{i-1}+F_{i}X )=( \lbrack d_{n}\dotsm d_{1} \rbrack )_{F}+( \lbrack d_{n}\dotsm d_{1}d_{0} \rbrack )_{F}X }

が成り立つ。右辺は一次式なので、{ d_{X}=e_{X} }とすると一次の成分を比較して{ d_{F}=e_{F} }を得る。Zeckendorf表示の一意性より{ d=e }が成り立つ。{ \square }

補題 { f( Z ) }は積で閉じている。

(証明){ \phi=\frac{1+\sqrt{5}}{2} }黄金比{ \alpha=\frac{1-\sqrt{5}}{2} }をその共役とする。このとき環としての同型

{ \mathbb{Z}\lbrack X \rbrack / \langle X^{2}-X-1 \rangle\cong\mathbb{Z}\lbrack \phi \rbrack\cong\mathbb{Z}\lbrack \alpha \rbrack }

が存在する。{ \alpha\lt 0 }かつ{ | \alpha |\lt 1 }が鍵となる。{ d\in Z }について

{ d_{X}\leftrightarrow\sum d_{i}\alpha^{i} }

と同一視できるが、右辺の和を偶数次と奇数次に分けることで({ d_{0}=d_{1}=0 }に注意する)、その上界と下界が

{ \displaystyle \begin{alignedat}{2} \sum_{i=1}^{\infty}\alpha^{2i}&=-\alpha, &\quad \sum_{i=1}^{\infty}\alpha^{2i+1}&=-\alpha^{2} \end{alignedat} }

であることが分かる。つまり{ f( Z ) }{ \mathbb{Z}\lbrack \alpha \rbrack\cap( -\alpha^{2}, -\alpha ) }と同一視できる。これが積で閉じていることは明らかなので、{ f( Z ) }は積で閉じている。{ \square }

Zeckendorf表示の積はZeckendorf表示の枠からはみ出てしまうが、多項式としてみれば積はきちんと収まっており、しかも単射で埋め込めているのでZeckendorf表示に戻すことができる。ところで多項式環の積が結合的なことは明白なので、Knuthのcircle積は結合的である。きちんと書くと、

{ \begin{alignedat}{2} ( n\circ m )\circ l &= ( ( n_{Z}\circ_{Z}m_{Z} )_{F} )\circ l=( f^{-1}( n_{X}m_{X} ) )_{F}\circ l \\ &=( f^{-1}( n_{X}m_{X} )\circ_{Z} l_{Z} = ( f^{-1}( ( n_{X}m_{X} )l_{X} ) )_{F} \\ &=( f^{-1}( n_{X}( m_{X}l_{X} ) ) )_{F} \\ &=\dotsb=n\circ( m\circ l ) \end{alignedat} }

より結合性が従う。(定理の証明終わり)

ちなみに{ n }について{ n_{X}=f( n_{Z} ) }は簡単に計算することができる。というのも{ p_{n}+n\alpha\in( -\alpha^{2}, -\alpha ) }となる{ p_{n} }を見つければよい。これは{ d\in Z }について

{ d_{X}\equiv( \lbrack d_{n}\dotsm d_{1} \rbrack )_{F}+d_{F}X }

が成り立つことから従う。特にZeckendorf和が分かっているなら、現れるフィボナッチ数の添え字を一つ下にずらしたものが{ p_{n} }となる。このとき

{ ( p_{n}+n\alpha )( p_{m}+m\alpha )=p_{n\circ m}+( n\circ m )\alpha }

を計算すれば、

{ n\circ m=nm+np_{m}+mp_{n} }

を得る。例えば

{ \begin{alignedat}{2} 11&=8+3=F_{6}+F_{4}, &\quad 19&=13+5+1=F_{7}+F_{5}+F_{2} \end{alignedat} }

だから、

{ \begin{alignedat}{2} p_{11}&=F_{5}+F_{3}=7, &\quad p_{19}&=F_{6}+F_{4}+F_{1}=12 \end{alignedat} }

である。

{ \begin{alignedat}{1} 11\circ 19 &= F_{13}+F_{11}+F_{8}+F_{11}+F_{9}+F_{6}=474 \\ &= 11\times 19+11\times 12+19\times 7=474 \end{alignedat} }

より確かに両者は一致する。

[1] Kuo-Jye Chen. Andrews's Argument Proves a Theorem of Zeckendorf. Math. Medley. Vol.34, No.1, pp.13-15, 2008.
[2] Donald E.Knuth. Fibonacci Multiplication. Appl. Math. Lett. Vol.1, No.1, pp.57-60, 1988.
[3] Pierre Arnoux. Some Remarks about Fibonacci Multiplication. Appl. Math. Lett. Vol.2, No.4, pp.319-320, 1989.

所感

久しぶりの数学ネタです。今回の内容は一般の線型再帰方程式などに拡張が色々考えられているようです。ちゃんと追えたらまた記事にしようかなと思います。Arnouxの証明は個人的にかなり示唆的で、詳細に検討する価値があると思います。具体的に計算をするアルゴリズムであったり、代数体の整数環における積閉集合であったり、あるいはDigit空間の力学系であったり、Pisot数との関連もありそうだったり、何か深い背景が隠れているような気がして研究意欲が沸きます。