arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

収束空間論のノート

ますだらに収束構造の記事を追加しました。前に書いてたノートの書き方が不満だったのでリライトしてます。

https://mathdala.netlify.com/Convergence/Filter

https://mathdala.netlify.com/Convergence/PushPullProd

https://mathdala.netlify.com/Convergence/FilterSpace

一番簡単なやつがカルテシアン閉となることの証明まで書きました。この後はコンパクト性とか位相的とかやるかもしれません。

Microfacet理論の公理化について(思案中)

ますだらにノートを更新しました。

https://mathdala.netlify.com/Notes/Microfacet

Eric Heitzのmicrofacet理論が面白そうなことをやっているので、これを公理化できないかと考えている記事です。Microfacet理論の論文については以下に日本語での解説があります。正直なところ自分は良く理解できていませんが、簡単に言うと、表面に微細な構造を仮定して、その上の積分をどう評価するかという話です。

ushiostarfish.hatenablog.com

graphics.hatenablog.com

加藤文元「宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃」感想

普段あまり啓蒙書の類は読まないのですが、数学コミュニティ? で結構話題になってたので読んでみました。

結論から述べると、本書の内容はMATH POWER 2017の講演をほぼそのまま書き下したものです。

www.youtube.com

既に数学を知っている人がもし読むのであれば、少なくとも7章まで、つまり最終章の直前まで読み飛ばしても大丈夫です。強いて言えば、加藤先生と望月先生の行きつけの焼肉屋が潰れた話などが気になるなら読むと良いです。数学的な内容を期待して読むと、あまり得るものは無いと思います。というか最初の100ページは弁明なので空気が重い重い。

IUT理論に関しては一般書なのでさわりというか臭いを嗅ぐのみですが、その一端は感じ取ることができます。同じ場所で同じ対象で測るから無理が生じるなら、コピーをいっぱい作って別々に考えてから復元しましょう的な話のようです。それ自体は特別変なことをやってる訳ではないと。じゃあ具体的に定義は、命題は、証明は、と言われても分かりません、書いてないので。

それはさておき第3刷決定だそうで、つまり結構儲かったということだと思うので、次は学部~院くらいの内容で書いてくれたら嬉しいなと思いました。