読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

27.最小分解体と正規拡大

目次

修正

  • トレースの表記:{ \mathrm{Tr}(f) \rightarrow \mathrm{Tr}_{L/K}(f) }
  • ノルムの表記:{ \mathrm{Nm}(f) \rightarrow \mathrm{Nm}_{L/K}(f) }
  • 体の生成の表記:{ (S)_{K} \rightarrow (S)_{L/K} }
  • 最小分解体の定義:13節より今節へ移動。こちらの方が普遍的。

体の同型に関する延長の一般論

補題 { \sigma_{0}:F\xrightarrow{\cong} F^{\prime} }を体の同型、{ f=a_{n}X^{n}+\dotsb+a_{1}X+a_{0}\in F\lbrack X \rbrack }多項式とする。{ E }{ f }の分解体、{ E^{\prime} }{ f^{\sigma_{0}} }の分解体とする。更に{ \alpha\in E, \alpha^{\prime}\in E^{\prime} }をそれぞれ{ f, f^{\sigma_{0}} }の根とする。このとき{ f }が既約なら、{ \sigma_{0} }の延長となる同型{ \sigma:(\alpha)_{E/F}\xrightarrow{\cong} (\alpha^{\prime})_{E^{\prime}/F^{\prime}} }が存在し、{ \sigma(\alpha)=\alpha^{\prime} }を満たすように取れる。

(証明){ \sigma_{0} }が同型なので{ F\lbrack X \rbrack }{ F^{\prime}\lbrack X \rbrack }{ g\mapsto g^{\sigma_{0}} }により同型である。従って{ f }が既約なら{ f^{\sigma_{0}} }も既約であり、また{ \alpha, \alpha^{\prime} }は代数的だから

{ \begin{align*} (\alpha)_{E/F}\cong F\lbrace \alpha \rbrace^{\mathbb{N}}\cong F\lbrack X \rbrack/\langle f \rangle_{F\lbrack X \rbrack} \\ (\alpha^{\prime})_{E^{\prime}/F^{\prime}}\cong F^{\prime}\lbrace \alpha^{\prime} \rbrace^{\mathbb{N}}\cong F^{\prime}\lbrack X \rbrack/\langle f^{\sigma_{0}} \rangle_{F^{\prime}\lbrack X \rbrack} \end{align*} }

が成り立つ。{ \sigma }はこの同型を通して{ F\lbrack X \rbrack/\langle f \rangle\rightarrow F^{\prime}\lbrack X \rbrack/\langle f^{\sigma_{0}} \rangle }{ \overline{g}\mapsto\overline{g^{\sigma_{0}}} }により定めればよい。{ \square }

一般に重複を込めて{ f }の根を{ \alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n} }とし、{ f^{\sigma_{0}} }の根を{ \alpha^{\prime}_{1}, \dotsc, \alpha^{\prime}_{n} }とする。このとき{ \sigma_{0} }の延長となる同型{ \sigma:(\alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n})_{E/F}\xrightarrow{\cong}(\alpha^{\prime}_{1}, \dotsc, \alpha^{\prime}_{n})_{E^{\prime}/F^{\prime}} }が存在する。

(証明){ n=\mathrm{deg}f }に関する帰納法で示す。{ n=1 }のときは明らか。{ n\ge 2 }のとき既約多項式{ p\in F\lbrack X \rbrack }が取れて{ f=gp }と表せる。ここで並び替えて{ p(\alpha_{1})=0, p^{\sigma_{0}}(\alpha^{\prime}_{1})=0 }として良い。{ p }は規約だから補題より{ \sigma_{0} }の延長となる同型{ \sigma_{1}:(\alpha_{1})_{E/F}\xrightarrow{\cong}(\alpha^{\prime}_{1})_{E^{\prime}/F^{\prime}} }が存在する。ところで{ (\alpha_{1})_{E/F}\lbrack X \rbrack }において{ f=(X-\alpha_{1})f_{1} }と表せば、{ E }{ f_{1} }の分解体でもある。{ f^{\sigma_{0}} }についても同様であり、更に{ (f_{1})^{\sigma_{1}}=(f^{\sigma_{0}})_{1} }が成り立つ。従って帰納法の仮定から{ \sigma_{1} }の延長となる同型

{ \displaystyle \sigma:(\alpha_{2}, \dotsc, \alpha_{n})_{E/(\alpha_{1})_{E/F}}\xrightarrow{\cong}(\alpha^{\prime}_{2}, \dots, \alpha^{\prime}_{n})_{E^{\prime}/(\alpha^{\prime}_{1})_{E^{\prime}/F^{\prime}}} }

が存在する。{ \sigma }{ \sigma_{0} }の延長となることや、{ (\alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n})_{E/F}=(\alpha_{2}, \dotsc, \alpha_{n})_{E/(\alpha_{1})_{E/F}} }などは明白だろう。{ \square }

以上より、{ f\in K\lbrack X \rbrack }の根全体で生成される体は、分解体の取り方に依らず決まることが分かる。そこでこれを{ f }の最小分解体(minimal splitting field)と呼ぶ。このとき{ (\alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n})_{L/K} }{ (\alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n})_{K} }と表して良い。

命題 { L }{ f\in K\lbrack X \rbrack }の最小分解体とする。このとき{ \mathrm{deg}_{K}L\le (\mathrm{deg}f)! }が成り立つ。

(証明){ L=(\alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n})_{K} }とする。{ n\le\mathrm{deg}f }であり、{ K_{1}:=(\alpha_{1})_{L/K} }とすれば{ \mathrm{deg}_{K}K_{1}\le n }が従う。{ f=(X-\alpha_{1})f_{1} }とすれば{ f_{1}\in K_{1}\lbrack X \rbrack }であり、{ K_{2}:=(\alpha_{1}, \alpha_{2})_{L/K} }とすれば{ \mathrm{deg}_{K_{1}}K_{2}\le n-1 }を得る。以下同様にして{ \mathrm{deg}_{K}L\le (\mathrm{deg}f)! }が従う。{ \square }

正規拡大

先述のように、ある多項式{ f\in K\lbrack X \rbrack }の根を{ K }に添加した体は一意的である。またその存在については分解体の存在で既に述べている。であるならば、全ての多項式に対してそれらの根を含むような体が存在するか、またそれが一意的であるかを疑問に思うだろう。私達は現段階において、この疑問に答えを見出すことは出来ない。何故なら根を加えていくことで生じる拡大の列は無限に伸びてしまい、有限の立場にいる限りその高みに至ることはできないからである。だが具体的な例に限れば、然るべき準備の後にその存在については述べることができる。

定義 { \Omega }自身が任意の{ f\in\Omega\lbrack X \rbrack }の根を常に持つ(特に全ての根を持ち、一次式の積に分解できる)とき、代数閉体(algebraically closed field)であるという。また代数拡大{ \Omega/K }において{ \Omega }代数閉体であるとき、{ \Omega }{ K }の代数閉包(algebraic closure)と呼ぶ。

体の拡大{ \Omega/K }において、{ \Omega }代数閉体であるとき{ \overline{K}^{\Omega} }(整閉包)は{ K }の代数閉包になる。

例えば{ \mathbb{C} }代数閉体である。この事実は「代数学の基本定理」として知られる。また{ \mathbb{C} }{ \mathbb{R} }の代数閉包である。{ \overline{\mathbb{Q}}:=\overline{\mathbb{Q}}^{\mathbb{C}} }の元は代数的数(algebraic number)と呼ばれ、円周率{ \pi }や自然対数{ e }はここには入らないことが知られている。{ \mathrm{Aut}\overline{\mathbb{Q}}/\mathbb{Q} }は絶対ガロア群といい、数論の人に言わせれば数の全てを知っているらしい。

以下{ K }を体、{ \overline{K} }{ K }の代数閉包とする。{ L }{ \overline{K}/K }の中間体、特に{ L/K }は代数拡大とする。

注意 上記の仮定を置く理由について補足したい。まずシュタイニッツにより任意の体が代数的閉包を持つことが示されているが、ツォルンの補題や整列可能定理、あるいはクラス版の極大性原理等々、選択公理に類する存在公理が用いられる。仮にこれを認めるにせよ、任意の代数拡大{ L }が代数閉包{ \overline{K} }に埋め込める(単射な環準同型、特に{ L }は体なので環準同型が存在する)ことを示すには一意性が必要となる。({ \overline{L} }{ K }の代数閉包でもあり、同型{ \overline{L}\rightarrow\overline{K} }が取れる。)参考文献に挙げた桂の『代数学Ⅲ』では一意性の証明に埋め込みの存在を用いているので正しくない。他を探すには少し時間が掛かるし、自分で考えるのはもっと時間が掛かる。そもそも存在公理をまだ導入してないので多分証明できない。というわけで当面は代数閉包に含まれる状況のみを考えることで回避しようと思う。詳しい人が居たら誰か教えて下さい。*1

{ L/K }ガロア拡大であるとしよう。このとき定義より{ L^{\mathrm{Aut}L/K}=K }が成り立つ。{ \alpha\in L }の最小多項式{ p\in K\lbrack X \rbrack }とすれば、任意の{ \sigma\in\mathrm{Aut}L/K }に対して{ \alpha^{\sigma} }{ p }の根となる。相異なものを集めて

{ \lbrace \alpha^{\sigma} \mid \sigma\in\mathrm{Aut}L/K \rbrace = \lbrace \alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{m} \rbrace }

と置けば、{ n=\mathrm{deg}p }として{ m\le n }が成り立つ。ここで{ f:=(X-\alpha_{1})\dotsm (X-\alpha_{m}) }と定めれば、{ L\lbrack X \rbrace }において{ f|p }が成り立つ。任意の{ \sigma\in\mathrm{Aut}L/K }は同型(特に単射)であるから

{ \lbrace \alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{m} \rbrace = \lbrace \alpha_{1}^{\sigma}, \dotsc, \alpha_{m}^{\sigma} \rbrace }

である。故に{ f=X^{m}+c_{m-1}X^{m-1}+\dotsb+c_{0} }とすれば

{ \begin{align*} X^{m}+c_{m-1}^{\sigma}X^{m-1}+\dotsb+c_{0}^{\sigma} &= f^{\sigma} = (X-\alpha_{1}^{\sigma})\dotsm(X-\alpha_{m}^{\sigma}) \\ &= (X-\alpha_{1})\dotsm(X-\alpha_{m}) = f \\ &= X^{m}+c_{m-1}X^{m-1}+\dotsb+c_{0} \end{align*} }

を得る。よって{ c_{i} }{ \mathrm{Aut}L/K }の作用で不変だから、{ c_{i}\in L^{\mathrm{Aut}L/K} = K }が分かる。従って{ f\in K\lbrack X \rbrack }となる。これは{ K\lbrack X \rbrack }において{ f|p }となることを意味する。実際{ p=fq, q\in L\lbrack X \rbrack }とすれば、次元に関して帰納的に{ q }の係数が{ K }に属すことを示せる。故に{ p }の規約性より{ p }{ f }は同伴となるが、特に最高次の係数同士を比較すれば{ p=f }が従う。つまり{ L }{ \alpha\in L }の最小多項式の根を常に自分自身の中に含むことが分かる。

そこで次のような拡大を考えてみよう。

定義 代数拡大{ L/K }は、任意の{ \alpha\in L }に対して、{ \alpha }の最小多項式の根が全て{ L }に含まれる(つまり{ L\lbrack X \rbrack }において一次式の積に分解する)とき正規拡大(normal extension)と呼ぶ。

正規拡大の条件は、ある意味で代数閉包の条件を弱めたものと思える。ガロアの条件を調べるのは難しいが、正規拡大については次の特徴付けが存在する。

命題 有限次拡大{ L/K }に対して以下は同値。

  • { L/K }は正規拡大である。
  • { L/K }はある多項式{ f\in K\lbrack X \rbrack }の最小分解体である。

(証明){ L/K }を正規拡大とする。有限次拡大だから基底{ (\omega_{1}, \dotsc, \omega_{n}) }が取れる。{ \omega_{i} }の最小多項式{ p_{i} }とし、{ p:=p_{1}\dotsm p_{n} }と置く。このとき{ L }{ p }の最小分解体となる。実際{ L }{ p }の根を全て含み、また{ L^{\prime} }{ p }の分解体であれば、{ p_{i} }の分解体でもあるので{ \omega_{i}\in L^{\prime} }となる。{ L }の元は{ \omega_{i} }達の線形和で表されるから{ L\subset L^{\prime} }が従う。

逆に{ L/K }{ f }の最小分解体であるとする。{ f }の根を{ \alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n} }とすれば{ L=(\alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n})_{K} }である。{ \beta\in L }の最小多項式{ p\in K\lbrack X \rbrack }を取る。{ p }{ L }上の最小分解体{ E }を取り、{ E\lbrack X \rbrack }において{ p=(X-\beta_{1})\dotsm(X-\beta_{m}) }と一次式の積(重複込み)で表せるとする。ここで{ \beta_{1}=\beta }としてよい。このとき

{ E=(\beta_{1}, \dotsc, \beta_{m})_{L}=(\alpha_{1}, \dotsc \alpha_{n})_{K} }

が成り立つ。一方で{ p }{ K }上の最小分解体{ F=(\beta_{1}, \dotsc, \beta_{m})_{K} }を考えると、{ p }は既約だから、{ \beta_{1}\mapsto\beta_{j} }を満たす体の同型{ \sigma_{j}:F\rightarrow F }が存在する。{ E }{ f=f^{\sigma_{j}} }{ F }上の最小分解体でもあるから、{ \sigma_{j} }の延長{ \tau_{j}:E\rightarrow E }が存在する。{ f(\alpha)=0 }なら{ f(\alpha^{\tau_{j}})=0 }より、

{ \lbrace \alpha_{1}^{\tau_{j}}, \dotsc, \alpha_{n}^{\tau_{j}} \rbrace = \lbrace \alpha_{1}, \dotsc, \alpha_{n} \rbrace }

が成り立つ。故に{ \tau_{j} }{ L }に制限することができて、{ \tau_{j}|_{L}(\beta)=\tau_{j}(\beta_{1})=\beta_{j}\in L }を得る。つまり{ L }{ p }の根を全て含む。{ \square }

所感

ぐるっと回る証明が面白い。予定では分離拡大をやるつもりだったけど、自己同型から自然に出てくるのは正規拡大だったので変更した。

*1:自分が気付いてないだけで自明な可能性もある。でも代数拡大はあくまで多項式の根の集まりであって、その演算までは何も述べてないから、埋め込めなくてもおかしくはない。うーむ、今まで代数拡大を埋め込めるかどうかなんて考えもしなかった。復習は大事。