読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

数学

Puffin Classics版「不思議の国のアリス」

今更、というか今になって初めて「不思議の国のアリス」を読んだ。アリスや彼女が冒険する不条理な世界については、幾度となく様々な作品のモチーフにされてきたから知ってはいたが、まともに全文を読んだことは無かった。著者のキャロルは数学とも関わりが…

「ざっくり学ぶ可換環論」PDF版ver.0.3.1を上げました

DropboxからDLできます。 www.dropbox.com

35.抽象単体的複体

目次 少し例を見て、ホモロジーの計算に触れておこう。現時点で扱える例は少ない。今から述べる抽象単体的複体や群コホモロジー等だろうか。とは言え一般に定義されるチェインも大体似たような感じなので、雰囲気は掴むことができると思う。幾何との関わりを…

34.射影的加群(初等編)

目次 自由加群と射影的加群 函手を完全にする加群を射影的加群と呼んだ。ホム函手は常に左完全であるから、これは完全列が完全列を誘導することを意味する。つまりが全射のとき、任意のに対してとなるが存在する。このようなを一般にのによる持ち上げ(lifti…

33.函手と自然変換

目次 前回括弧付きで(コ)と書いたのに、本文では一言も触れてないという(笑)後で適当に加えておこう。 函手 二つの圏を対応付けるものとして函手を導入する。 定義 を圏とする。の対象に対しの対象が定まり、またの射に対しの射が定まるとする。恒等射に…

32.5(コ)ホモロジー

目次 アーベル圏における蛇の補題の証明は長くなりそうなので、別の場所に写すことにした。 (コ)ホモロジーの長完全系列 先に示した蛇の補題がどのような場面で使われるのかを見ながら、これから我々が考えていく対象について確認しておこう。 環に対し、-…

32.蛇の補題

目次 アーベル圏に対する議論は自明に思えることでもきちんと示していく必要がある。 加群の場合 加群の完全系列に対して、良く知られている補題が幾つかある。今後の議論を冗長にしないためにも、ここで示しておこう。 補題 (5項補題(five lemma)) 加群…

Unityで数値計算ライブラリMath.NET Numericsを使う方法

Math.NETとは行列計算とかできるライブラリらしい。ゲームエンジンであるUnity上で使う用途はあまりないかもしれないが、Win8.1環境で導入できたので手順を以下にメモしとく。 まずNuGetのページでnupackファイルをダウンロードする。 Unityは.NETFramework…

31.圏

目次 環や加群など、ある特定の対象を一斉に扱うことを可能にする概念が圏である。圏においては個々の対象よりも、その間の結びつきから全体像を捉えることに主眼が置かれる。 圏の定義と例 定義 圏(category)とは以下の条件を満たす対象(object)と射(m…

ざっくり学ぶ可換環論PDF ver.0.3.0 を公開しました

3章まで www.dropbox.com

【疑問】剰余加群のテンソル積について

余代数のグラフ表現についてを書いていて思ったことでもあるのだが、次の主張は正しいのだろうか? 主張 を環、を-加群、をその部分加群とする。 はと同型である。 実は桂利行『代数学2』の2.2節(IV)に「証明」が載っている。として、の全射性までは正しいと…

30.埋め込み

目次 議論の流れが悪いので、PDFでは前回と合わせて並び替えをするかも。 埋め込みと分離拡大 有限次ガロア拡大の理論は、分離性と正規性という二つの言葉で表された。分離性とは最小多項式が重根を持たないことであり、正規性はその根を全て含むということ…

自前のボーン(スキニング)アニメーション

ディズニー研究所? の論文 Binh Huy Le, Jessica K.Hodgins. Real-time Skeletal Skinning with Optimized Centers of Rotation. Disney Research. を見つけて、試したくなりUnityで組んでみた。 一般的なソフトウェアで使われるLBS(Linear Blend Skinning)…

29.線型無関連

目次 まだ公開していないPDFにおいて、前回の記事の最後に、有限次ガロア拡大における「縦」の関係について加筆しました。ブログ上では更新するつもりはないので簡単に述べておくと、有限次ガロア拡大の中間体に対し、がガロア拡大となる同値条件()と、そ…

PDFの公開場所を変更しました

Dropboxに変えてみた。新しいのも作ってあるけど取りあえず古いので様子見。 www.dropbox.com

立方体の面を球面に射影する手法の疑問

最近、ここのUnityに関するチュートリアルが面白くて、色々遊んでいる。一般的な入門とは異なり、シェーダをフルスクラッチで書いたりしているのがマニアックで自分好み。こんな良質なチュートがあって、しかも無料で読めて(パトロン系だったのが最近、一般…

28.分離拡大と有限次ガロア拡大

目次 自分が初めてガロア理論を学んだ時に感じたのは、多項式の分離性および体の分離拡大への導入が幾分か唐突であるという印象だった。数学的にあまり意味のない行為ではあるが、こういったギャップに自分なりの解釈を立てたいというのが私の趣味である。今…

余代数のグラフ表現について

余代数の幾つかの例はグラフを用いて表現できる余代数の剰余として表される。

誕生日パラドックスと復元抽出の怖さ

誕生日は割と一致する。

疑似乱数について その1 線型合同法の最大周期条件

その0 用語と例 少し用語を整理しよう。線型合同法により生成される疑似乱数列は、組が与えられたとき漸化式で定められる。(は整数かつを満たす。*1)が取る状態の数は有限なので、必ずどこかで軌道が交わる。つまりあるが存在してが成り立つ。このときなら…

疑似乱数について その0

某所でメルセンヌ・ツイスターの話題があり、その仕組みを知りたくなって勉強を始めた。とは言え疑似乱数とは何ぞや? 程度の知識しか無いため、当面はウィキペディアの受け売りになるけど纏めていく。 まずノイマン(John von Neumann)の貢献があって計算…

27.最小分解体と正規拡大

目次 修正 トレースの表記: ノルムの表記: 体の生成の表記: 最小分解体の定義:13節より今節へ移動。こちらの方が普遍的。 体の同型に関する延長の一般論 補題 を体の同型、を多項式とする。をの分解体、をの分解体とする。更にをそれぞれの根とする。こ…

26.体の有限次拡大と線型写像

目次 線型写像の行列表示 体上のベクトル空間に対し、-加群としての準同型を特に線型写像(linear mapping)と呼ぶ。即ちはに対しを満たす。今の次元をそれぞれとして基底を取る。ベクトル空間の元は基底を固定することでの元による一意的な表示を持つが、そ…

ざっくり学ぶ可換環論のPDFを更新しました

zakkuring.0.2.0.pdfをDocs.comに挙げました。今まで書いた分は全部載せて、可換図式とかちゃんと書いたり色々加筆修正しています。3章書き終わったら0.3.0かなぁ。 あとダウンロードの際、特にアカウントは必要ないように変えました。よくよく考えたら意味…

LuaLaTeXのフォントの取り扱いについて

目下zakkuring.0.2.0.pdfを製作中ですが、和文フォントを変えるテストを色々やったので忘れないようにメモしておく。 まず0.1.0.pdfのプリアンブルは次の通り \usepackage{luatexja} \usepackage[no-math]{fontspec} % 欧文フォント用の設定 \setmainfont[Li…

ざっくり学ぶ可換環論のpdfを作った

に四苦八苦しながら作りましたよ。ブログの内容をそのまま流し込んだだけですが、一先ず9節まで。で分かったのは索引作るのが凄く難しいということ。項目の選び方ってどう考えるのが妥当なのだろうか。 zakkuring0.1.2—user202281Docs.com 権利関係は一応ク…

数学をテーマにしたカードゲームを作りたい

シャドウバースが面白い。Steamでリリースされてからやり始めてるが、短い時間で気軽に遊べて何より好みの絵柄なのが良い。全カードに声が付き演出も凝っていて、過去にリリースしたゲームの資産を上手く活用しているなといった印象。ルールが単純でチュート…

Luaに触れてみた --> LuaLaTeX

の環境を一新するにあたり、理由も無くを候補の一つに考えている。の言語を全く理解しておらず、また学ぶ気にもならなかった過去を反省し、役に立つか分からないけどLuaについて学ぼうと思い立った。 ウェブにある情報を見る限り、感覚的にはJavaScriptに似…

「トーナメントは運か実力か?」を見て

ニコニコ動画でこんな動画を見つけたので、紹介がてらちょっと考えてみた。 内容は、人で無作為に組まれたトーナメント戦を行うとき、実力のみで勝敗が決まる場合に勝利数の幅を計算してみたというもの。組合せの数が爆発的に増えるため、全数調査なら以上だ…

24.ガロア拡大のガロア対応

目次 古典的なガロア理論は大学数学における一つの山場であるが、普通はボトムアップに論理を積み上げていくので途中で何をやっているのか良く分からなくなる。可能なら枠組みを先に示すことで見通し良く理解したい。古くから知られている考え方にガロア接続…

『奇蹟がくれた数式』数学者ラマヌジャンの苦く口惜しき半生

数学者ラマヌジャンの半生を描いた映画、『奇蹟がくれた数式』(原題:The Man Who Knew Infinity)を観てきました。監督はマシュー・ブラウン、主演としてラマヌジャン役をデヴ・パテルが、またハーディー役をジェレミー・アイアンズが演じています。伝記映…

23.体の有限次拡大

目次 ここから数回に渡る目標として体の有限次拡大におけるガロア理論の構築を掲げたい。体の拡大における中間体と、基礎体を固定する自己同型群における部分群、これらの間にある美しい対応は19世紀数学の一つの到達点と言えよう。あるいは、ある数学的な対…

双対性を持つ無限マトロイド理論 2

前回の続き 前回やり残した証明 マトロイドの双対がマトロイドであることを示したい。前回は(I1), (I2)を示した。 (証明)とする。まずより、あるが存在してを満たす。このときであるためが従う。に対しを拡張したい。及びに対し(I3')を用いれば、あるが存…

双対性を持つ無限マトロイド理論 1

大学に通ったことのある人なら、線型独立、あるいは一次独立という言葉を聞いたことがあるだろう。ベクトルの集まりに対して独立か従属のいずれかが決まり、極大な独立部分集合を基底と呼んだ。線型代数はこの基底を取るところから始まるといっても過言では…

MATH POWER 2016を観て

MATH POWER 2016、予想以上に面白いイベントでした。ガチな内容からお笑いまであって、視聴者のレベルに合わせて楽しめる感じ。講演者がいつものメンバーとか言ったけどあれは大嘘だった。全部の企画は見てないけど一番良かったのは加藤文元(ふみはる)先生…

数学のイベント:MATH POWER 2016

今日の昼からニコニコでMATH POWER 2016という数学のイベントをやるらしい。こういう企画は滅多に無いからどんな感じになるのか興味深い。タイムシフト視聴も出来そうだが35時間ぶっ通しとは恐ろしい。数学徒なら誰もが一度はやってみたい夢を叶えてくれる(…

22.一意分解整域

目次 整域における様々な環のクラスについて学ぶ。 素元と既約元 ゼロでない非単位元がと表せるとき組を因子分解(factorization)といい、をその長さという。二つの因子分解は長さが等しく、また並び替えてそれぞれが同伴となるとき等しいとする。この約束…

21.GCD整域とガウスの補題

目次 環の積構造に注目するとき、与えられた元を割る約元という視点を考えるのは自然だろう。特に複数の元を同時に割る公約元のうち、「最も大きな」ものを考えることでGCD整域というクラスが現れる。GCD性は多項式環に対し良く振舞い、古典的な結果であるガ…

20.群の作用と有限群

目次 群もまた環と同様に、重要な代数構造の一つである。その少ない公理からは想像もつかないほど豊富で多様な理論が展開され、多くの数学的問題は群の問題に帰着される。特に有限群に対しては良く調べられており、偉大な数学者達による膨大かつ精密な結果が…

ワイル「数の代数的理論」

Hermann Weyl (1885-1955)*1の"Algebraic Theory of Numbers"を手に入れた。表紙は無く出版社の情報も無いが、1998年にプリンストン大学出版から出てる版(Googleブックスで確認したけどアメリカで印刷されてる??)によれば、40年のコピーライトが68年に新…

基礎論ノート(1)

基礎論の本当に基礎的な部分について改めて勉強をし直してみて、理解が微妙だった所に一応の納得を得たというか、こうすれば自分なりに消化できるのではないかという一時の安堵感を得たのでブログに書き記しておこうと思う。一般的な書き方とは違うので、専…

基礎論が気になり眠れない件 『キューネン 数学基礎論講義』

そろそろ基礎論的な知識不足を感じ始めてきたので色々と情報を集めているが、相変わらず分からない感じが漂うので全然すっきりしない。暑いからか? 先日キューネンの『数学基礎論講義』が藤田博司氏により邦訳されたという情報を得たので取りあえず購入して…

ファイル管理ソフト「FenrirFS」を使ってみた

増えに増えたPDFをいい加減何とかしようと思い、ファイル管理ソフトのFenrirFSを導入してみた。割と理想形に近いが、幾つかの不満点もあるという感じ。結構需要がありそうなのに、フリーでこういったソフトが少ないのは意外かもしれない。最近はクラウドとか…

深層学習で数式検索を実現できないか

情報処理界隈では今、深層学習(ディープラーニング、Deep Learning)が熱いらしい。囲碁で強いコンピュータが作れたとか、猫を見分けることができたとか、与えられた幾つかの単語から画像を生成することができたとか、情報処理学会のニコ生を見たりすると興…

19.ケーラー導分の第二完全系列

目次 今回はケーラー導分のまとめとして、剰余環の導分を計算する際に有用な第二完全系列を紹介する。 テンソル函手の右完全性 ホム函手の左完全性は逆についても成り立つ。 命題 -加群の系列に対し、次が成り立つ。 任意の-加群に対し が完全 ならは完全系…

18.代数のテンソル積とケーラー導分

目次 加群同士のテンソルは加群となるが、代数同士をテンソルすると環構造が入り再び代数となる。新たな代数は加群に対し良く振舞い、複数ある構造の捉え方あるいは見方に矛盾しない。特にケーラー導分に対しても自然な結果をもたらし、ケーラー導分が言わば…

17.ホム函手とテンソル

目次 今回はhomoだけどホモじゃないHom函手及び加群のテンソルを導入し、その間の関係を見ていく。テンソルの構成は初学者的にはややこしいが、既にケーラー導分の構成を述べているのでその焼き直しだと思えば分かり易いと思う。また加群の係数拡大について…

16.加群の局所化と導分

目次 加群の局所化は環に対する局所化と同様に定義される。加群の研究には系列を調べることが有効であったが、局所化は完全列を完全列へと写すという優れた性質を持つ。導分とは純代数的に定義される微分(のようなもの)である。導分に対する普遍性を満たす…

15.体上の有限型代数

目次 ここ数回に渡る準備の総まとめとして、体上の有限型代数に関する諸定理を述べる。ザリスキーの補題は、体上の有限型代数が体であるなら代数拡大となることを主張する。これは環の場合に、代数としての生成元が整であることの必要十分が整拡大であったこ…

14.様々な環と整

目次 環に対する様々な操作において、整という性質がどのように振舞うのかを考察する。 剰余環、局所化に対する整 を環の拡大、をイデアル、を乗法的集合とする。このとき剰余環に対する準同型及び環の局所化に対する準同型は単射であり、それぞれは環の拡大…