arXiv探訪

興味の赴くままに数学するだけ

数学

線型写像のちょっとした拡張について

行列の基本的な事柄について見直し中。今回は双対変換と双一次形式、その行列表示に関する三位一体のお話。 -線型写像 体の拡大及び-同型について考える。-ベクトル空間について、が-線型であるとは、が加法的かつを満たすことをいう。 例えばのときは普通の…

行列式の導出について

だんだん日が短くなってきて、あぁ今年ももう終わりかと思うようになりました。夕日をぼんやり眺めていると、ふと「行列式ってなんだろう?」という疑問が湧いてきたのです。もちろん定義は頭に入っています。色んなやり方があり、様々な性質を示すことだっ…

重み付き余代数グラフ(weighted graph coalgebra)

以前「余代数のグラフ表現について」という記事を書いた。 arxiv.hatenablog.com 最後の方に述べた注意で、例4に挙げたdivided power coalgebraはグラフ余代数(またはその剰余)として表すことが出来ない(知られていない)が、適切な重みを付けてやれば良…

MathPower会場変更

MathPowerの会場がスパイラルホール(東京・青山)に変更されたらしいです。 www.spiral.co.jp こんな直近で変えられるものなのか(驚愕)参加者が増えたのだと思いましょう。 あと正多角形の作図は作図ソフトgeogebraを用いて行われるそうです。賢明な判断だ…

キューネン「数学基礎論講義」感想(2/3)

前回(1章と2章の前半まで)は以下の記事。 arxiv.hatenablog.com 今回は2章の残りと3章まで読んだ。時間が掛かった割りには進捗がよろしくない模様。 第II章 モデル理論と証明論(後半) 完全性定理の証明は地味で面倒だったが、この定理は然るべき定義をす…

Math Power 2017

キューネンの本を読む時間が増えてしまい(あとゲームのイベントとか)、ブログの更新が暫く滞ってしまっています。なんとかしなくては……。 数学の祭典、MATH POWER、今年はやらないのかなーと思ってたら普通に10月7日にやるみたいです。今年の耐久企画は正6…

キューネン「数学基礎論講義」感想(途中)

本棚の肥やし崩し企画第二弾 一年以上前に買って放置してたので、ちゃんと読んでしまおうというお話。 基礎論が気になり眠れない件 『キューネン 数学基礎論講義』 - arXiv探訪 ↑では、ざっと読んだとか書いたけど嘘。今回は丁寧に一行ずつ読み砕くことを目…

38.ブッフバーガーのアルゴリズム

用語とかもう少し整理した方が良いのかもしれない。以下はその変更案。 項イデアルは単項式イデアルと呼ぶことにする。 生成の記号は、全体空間がほぼ自明なのでで書く。 のによる割り算アルゴリズムの余り(remainder)をのによる簡約(reduction)と呼ぶ。…

【動画紹介】πとマンデルブローの出会い

面白そうな話題。研究テーマにどうぞ。 Klebanoffの論文は見つけたけど文字化けしてて判読が難しそう。 あと動画中で紹介されてた動画も。

37.グレブナー基底の性質

今回はグレブナー基底がどういった性質を持つかについて学ぶ。与えられた生成系がグレブナー基底となるかどうかの判定法、そして与えられた生成系からグレブナー基底を得るためのアルゴリズムについては次回行う。 グレブナー基底による割り算 前節で例に挙…

【動画紹介】The Map of Mathematics

こういうの好き。とりあえずメモ。

36.多項式環のグレブナー基底

少し話題を変えて多項式環の計算理論をやっておく。PDFにするときは別の章にするかもしれない。 項順序と割り算アルゴリズム 以前、一変数多項式環の整除について学んだ。これと同じことを多変数の多項式についても考えたいのだが、一変数の場合と異なり多項…

グラフ上の陣取りゲーム

最近グラフ理論を触り始めて、Wikipediaのギャラリーを見たりして楽しんでいる。理論の方は定義や用語は多い一方で、纏まりがある分野ではない印象を受けた。個々のグラフ、つまり数学的な背景があって、そこから導出された対象に限定して議論することが普通…

江田勝哉 著「数理論理学 使い方と考え方:超準解析の入口まで」 感想

読みました。本書は著者が「はじめに」で述べているように、記述に重きを置いたモデル理論の本。より厳密には一階述語論理の入門書。 論理式の定義から丁寧に説明があり、具体例も多いので良い意味で訓練になる。そこから定義可能性という楽しい話題にも触れ…

Mastodon始めました

mathtod.online マストドンは中央集権型のツイッターとは異なり、各地にあるサーバーが個々に機能を提供するSNSらしい。ニコ動も提供してるけど数式が書けるということで、mathtod.onlineなるインスタンスに登録してみた。よかったらフォローしてね。 ブログ…

平均値の定理とその応用

最近やってるゲームのイベ消化に勤しんでたら投稿がおろそかになってしまった。お船のゲームです。といってもリアルな方(WoWs)ですが、かれこれ2年近く遊んでます。一試合が長いのと様々なツリーに手を付けていることもあり、未だに最高Tierが9という。で…

Bezier曲線メモ

Bezier曲線とはルノー(Renault)社のPierre Bezier及びシトロエン(Citroen)社のPaul de Casteliauにより独立に得られた曲線である。少ない制御点で高い表現力を持つため、主にCAGD(Computer Aided Geometric Design)で用いられる。Bezier曲線は線分の内…

Puffin Classics版「不思議の国のアリス」

今更、というか今になって初めて「不思議の国のアリス」を読んだ。アリスや彼女が冒険する不条理な世界については、幾度となく様々な作品のモチーフにされてきたから知ってはいたが、まともに全文を読んだことは無かった。著者のキャロルは数学とも関わりが…

「ざっくり学ぶ可換環論」PDF版ver.0.3.1を上げました

DropboxからDLできます。 www.dropbox.com

35.抽象単体的複体

目次 少し例を見て、ホモロジーの計算に触れておこう。現時点で扱える例は少ない。今から述べる抽象単体的複体や群コホモロジー等だろうか。とは言え一般に定義されるチェインも大体似たような感じなので、雰囲気は掴むことができると思う。幾何との関わりを…

34.射影的加群(初等編)

目次 自由加群と射影的加群 函手を完全にする加群を射影的加群と呼んだ。ホム函手は常に左完全であるから、これは完全列が完全列を誘導することを意味する。つまりが全射のとき、任意のに対してとなるが存在する。このようなを一般にのによる持ち上げ(lifti…

33.函手と自然変換

目次 前回括弧付きで(コ)と書いたのに、本文では一言も触れてないという(笑)後で適当に加えておこう。 函手 二つの圏を対応付けるものとして函手を導入する。 定義 を圏とする。の対象に対しの対象が定まり、またの射に対しの射が定まるとする。恒等射に…

32.5(コ)ホモロジー

目次 アーベル圏における蛇の補題の証明は長くなりそうなので、別の場所に写すことにした。 (コ)ホモロジーの長完全系列 先に示した蛇の補題がどのような場面で使われるのかを見ながら、これから我々が考えていく対象について確認しておこう。 環に対し、-…

32.蛇の補題

目次 アーベル圏に対する議論は自明に思えることでもきちんと示していく必要がある。 加群の場合 加群の完全系列に対して、良く知られている補題が幾つかある。今後の議論を冗長にしないためにも、ここで示しておこう。 補題 (5項補題(five lemma)) 加群…

Unityで数値計算ライブラリMath.NET Numericsを使う方法

Math.NETとは行列計算とかできるライブラリらしい。ゲームエンジンであるUnity上で使う用途はあまりないかもしれないが、Win8.1環境で導入できたので手順を以下にメモしとく。 まずNuGetのページでnupackファイルをダウンロードする。 Unityは.NETFramework…

31.圏

目次 環や加群など、ある特定の対象を一斉に扱うことを可能にする概念が圏である。圏においては個々の対象よりも、その間の結びつきから全体像を捉えることに主眼が置かれる。 圏の定義と例 定義 圏(category)とは以下の条件を満たす対象(object)と射(m…

ざっくり学ぶ可換環論PDF ver.0.3.0 を公開しました

3章まで www.dropbox.com

【疑問】剰余加群のテンソル積について

余代数のグラフ表現についてを書いていて思ったことでもあるのだが、次の主張は正しいのだろうか? 主張 を環、を-加群、をその部分加群とする。 はと同型である。 実は桂利行『代数学2』の2.2節(IV)に「証明」が載っている。として、の全射性までは正しいと…

30.埋め込み

目次 議論の流れが悪いので、PDFでは前回と合わせて並び替えをするかも。 埋め込みと分離拡大 有限次ガロア拡大の理論は、分離性と正規性という二つの言葉で表された。分離性とは最小多項式が重根を持たないことであり、正規性はその根を全て含むということ…

自前のボーン(スキニング)アニメーション

ディズニー研究所? の論文 Binh Huy Le, Jessica K.Hodgins. Real-time Skeletal Skinning with Optimized Centers of Rotation. Disney Research. を見つけて、試したくなりUnityで組んでみた。 一般的なソフトウェアで使われるLBS(Linear Blend Skinning)…